氷河情報センター運営内規

公益社団法人 日本雪氷学会 氷河情報センター 運営内規

第1条 定義
氷河情報センター(以下,「本センター」と記す)は,公益社団法人日本雪氷学会が, 定款施行細則第30条により定めた分科会であり,同第31条にもとづき,本センターの運営内規をここに定める.
第2条 目的
本センターは,世界各地に存在する氷河および氷河の研究に関する情報を収集し, 日本雪氷学会員および関連する研究者,研究機関に対してそれらの情報提供等を行うとともに, 氷河研究の発展に寄与することを目的とする.
第3条 活動内容

本センターは,前条の目的を達するため,以下の活動を適宜実施する.

  1. 世界各地の氷河研究に関する資料等の収集
  2. 氷河に関する研究論文および調査報告等の出版
  3. 日本雪氷学会機関誌「雪氷」およびホームページを通じての情報の提供
  4. 国内外の関連組織との連絡および対応
  5. シンポジウム・研究会等の開催
  6. 氷河の研究・調査活動に対する援助と啓蒙
  7. 氷河に関する調査・研究
  8. その他必要な事項
第4条 運営・組織

本センターの運営と組織は次の通りである.

  1. 本センターは,毎年,氷河情報センター総会を開催して本センターの運営に関する基本方針を決定する.
  2. 総会は,本センターの主旨に賛同する日本雪氷学会員で構成される.
  3. 本センターの運営は,下記に定める運営役員が,基本方針に従って推進する.
    1. センター長:センター長は,総会の議決によって決定する.センター長は,総会又は運営役員会を招集し,その議長となる.
    2. 事務局:センター長の補佐として事務局を置く.事務局は,センター長が指名した財務・会計幹事,庶務幹事から構成される.
    3. 広報幹事:本センターの広報を担当する広報幹事を数名,そのうち1名を本センターのホームページ管理者として,センター長が指名する.
  4. 本センターに,センター長の指名により,監事をおく.
  5. 全ての運営役員および監事の任期は2年とするが,再任は妨げない.
  6. 本センターには,必要に応じて各種小委員会を置くことが出来る.
第5条 監査
本センターの会計および事業は,本センター監事による監査を受けるものとする.
付記
本運営内規は,2014年9月21日から施行する.

「氷河情報センター」のContents