Welcome to the center of research activities on glaciology (snow and ice) in Japan.

雪氷学会2023年度学会賞受賞候補者の推薦

2023年度学会賞受賞候補者の推薦を下記のとおり募集します.学会賞の授与は学会として重要な活動であり,会員からの幅広い推薦が不可欠です.皆様の研究分野,あるいは周辺に候補者があれば,積極的に推薦をお願いします.推薦される場合は,下記項目を指定の様式に記載し,添付ファイルにて学会事務局(jssi-post@bunken.co.jp)へ提出して下さい.推薦の締切は,2023年4月1日(金)です.本件の問い合わせは学術委員長の竹内(ntakeuch@faculty.chiba-u.jp)までお願いします.

なお,2022年度より,論文賞の対象に,雪氷の「総説」も加えられましたのでお知らせします.
推薦様式は,下記,雪氷学会ホームページ(学術委員会)よりダウンロードできます.
https://www.seppyo.org/society/org/iinkai/gakujutsu/

1. 学術賞,技術賞,平田賞,論文賞,功績賞の区別
2. 候補者の氏名,所属,職名,学位,生年月日,Emailアドレス
3. 推薦者の氏名,所属,職名,Emailアドレス
4. 研究題目または功績名(30字程度),論文賞の場合は論文名
5. 推薦理由(1000字以内)
6.
参考論文名(「雪氷」の引用文献の形式で記載,論文賞は記載不要,功績賞は必須ではない)

なお,各賞の選定基準は以下の通りです.
(A)学術賞―雪氷学の発展に貴重な貢献を与える研究を行った個人に与えられる.原則として最近10年間に,本学会誌(『雪氷』と『BGR』)等に発表された研究から選ばれる.
(B)技術賞―雪氷技術の発展に貴重な貢献となるい研究または開発を行った個人あるいは団体に与えられる.原則として最近5年間に,本学会誌(『雪氷』と『BGR』)等に発表された論文・報文,あるいは雪氷研究大会で発表された成果から選ばれる.
(C)平田賞―雪氷学の研究に顕著な成果を上げ,今後の発展を奨励することが適当と考えられる個人に与えられる.原則として最近5年間に,本学会誌(『雪氷』と『BGR』)等に発表された研究から選ばれる.
(D)論文賞―雪氷学の発展に貴重な貢献となる論文の著者に与えられる.選考の前年度に発行された『雪氷』誌に掲載された「論文」「総説」「速報」および『BGR』誌に掲載された「Article」の中から選ばれる.
(E)功績賞―日本雪氷学会の運営発展,あるいは雪氷学の発展に,著しい貢献をした個人に与えられる.

学術委員会・学会賞選考委員長
竹内 望


日本雪氷学会役員改選について

学会の定款施行細則第 5 章に従い,下記のとおり理事・監事の選挙を実施します.

1.立候補または候補者の推薦
(1) 理事及び監事の立候補及び候補者の推薦の申し出期限は,2022年12月23日(金)必着とします.
(2) 候補者は,本学会定款施行細則第17条の定めるところにより,入会後2年以上(2023年1月1日現在)を経過した正会員に限ります.
(3) 正会員が立候補するとき,または候補者を推薦するときには,候補者の氏名,年齢,所属・職,推薦者の氏名を記し,候補者本人の承諾書を添えて,期限内に本学会事務局宛てに封書でお送りください.

2.候補者の決定
選挙管理委員会は,定款施行細則第18条及び第19条の定めるところにより,2023年1月末日までに,理事及び監事の候補者を理事会に伝達し,理事及び監事の候補者を有権者に通知します.

3.選挙
選挙は,定款施行細則第16条及び第19条の定めるところにより,有権者の郵送による投票によって2023年2月初めに選挙告示・投票用紙をお送りし,2023年2月28日(火)投票締め切り(必着)とする予定です.

選挙管理委員長 鎌田 慈