関東・中部・西日本支部表彰制度について

趣旨

日本雪氷学会関東・中部・西日本支部は、若手研究者の活発な研究発表と学会参加を促し、さらに雪氷研究の教育・普及活動を奨励することで、支部の活性化と社会貢献を目的に、2016 年度に「関東・中部・西日本支部賞」を設立しました。

 

2019年度日本雪氷学会関東・中部・西日本支部賞候補者の推薦について

1.推薦を依頼する支部賞

(A)論文賞

雪氷学における研究ならびに技術開発に寄与し、今後さらなる発展が見込める論文の主著者を顕彰する。2019度および2018年度の「雪氷」、「Bulletin of Glaciological Research」、またはそれに準じる国際学術誌に論文を発表した、2020331日時点で35才以下の者に対してこの賞を贈る。

(B)活動賞

雪氷研究の教育・普及に顕著な貢献をした者に対してこの賞を贈る。

2.候補者を推薦する支部会員は、下記の項目を記載した書類を委員会幹事へ提出する。なお推薦は自薦・他薦は問わないとする。

  1. 論文賞、活動賞の区別。
  2. 推薦者の氏名、所属、職名。
  3. 受賞候補者の氏名(または団体名)、所属、職名、学位。
  4. 推薦理由書(○○○に関する研究、○○○の功績、などの標題を掲げ、500字ほどに纏めたもの)。
  5. 論文賞の候補者の推薦にあたっては、該当する論文、著書、またはその写しを添付する。
  6. 活動賞の候補者の推薦にあたっては、著書、新聞記事の写しなど、その賞に値するもの、あるいは客観的評価を得たことを明白に示した文書等があればそれを添付する。

3.提出先

〒190-8518 東京都立川市緑町10-3
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所 国際北極環境研究センター 矢吹裕伯 気付
日本雪氷学会関東・中部・西日本支部表彰選考委員会幹事
E-mail:yabuki.hironori (at) nipr.ac.jp

4.締め切り

2020年2月28日(金)(必着)

 

 


過去の支部賞受賞者

年度 支部賞 受賞者 受賞件名・論文題目
2019年度 論文賞

大藪 幾美 氏
(国立極地研究所)

Compositions of dust and sea salts in the Dome C and Dome Fuji ice cores from Last Glacial Maximum to early Holocene based on ice‐sublimation and single‐particle measurements
  論文賞 繁山 航 氏
(総合研究大学院大学)
Microstructural analysis of Greenland ice using a cryogenic scanning electron microscope equipped with an electron backscatter diffraction detector
  活動賞 川瀬 宏明 氏
(気象庁気象研究所)
川瀬宏明著「地球温暖化で雪は減るのか増えるのか問題」とその教育・普及活動に対する貢献
2018年度 活動賞 武田 一夫 氏
(元帯広畜産大学)
植物「シモバシラ」のもつ雪氷現象の美しさや魅力の紹介
2017年度 論文賞 荒木 健太郎 氏
(気象庁気象研究所)
低気圧に伴う那須大雪時の表層雪崩発生に関わる降雪特性
  活動賞 杉村 剛 氏
(国立極地研究所)
寒冷圏監視衛星データ利用の推進
2016年度 論文賞 島田 利元 氏
(宇宙航空研究開発機構)
Inter-Annual and Geographical Variations in the Extent of Bare Ice and Dark Ice on the Greenland Ice Sheet Derived from MODIS Satellite Images
  論文賞 ヌアスムグリ アリマス 氏
(ゼノクロス航空宇宙システム)
Winter-spring transition of ground conditions over Alaska derived by airborne 6 GHz microwave and infrared observations
  活動賞 荒木 健太郎 氏
(気象庁気象研究所) 
市民科学による雪結晶観測を通した雪氷知識普及の功績

 

2019年度受賞者

論文賞

受賞者名:大藪 幾美 氏(国立極地研究所)
論  文  名:Oyabu, I., Iizuka, Y., Kawamura, K., Wolff, E., Severi, M., Ohgaito, R., Abe-Ouchi, A., Hansson, M. (2020): Compositions of dust and sea salts in the Dome C and Dome Fuji ice cores from Last Glacial Maximum to early Holocene based on ice‐sublimation and single‐particle measurements. Journal of Geophysical Research: Atmospheres, 125, e2019JD032208. https://doi.org/10.1029/2019JD032208
選定理由:
 本論文では、南極内陸のドームふじとドームCの2つの氷床コア中のダストと海塩粒子の化学組成および質量比が分析された。得られた分析結果と既発表のコア中のイオン濃度データとを合わせた解析により、最終氷期最寒期のドームふじへのダストフラックスはドームCへのそれよりも約3倍高かったことが明らかにされた。また、ドームCへ飛来したダストの方が小さく扁平で、遠方へ輸送されやすい性質であったことも示された。これらの結果は大気大循環モデルの結果と整合的であり、モデルの計算結果が定量的に検証されるとともに、氷期のダストの主な起源がパタゴニアであることが示された。さらに、約17,000年前以降に飛来したダストの輸送高度の検討から、間氷期にオーストラリアから輸送されるダストの割合がドームCで増えたという従来の研究結果が支持される一方で、ドームふじへは引き続きパタゴニアから多くのダストが飛来していたことが新たに示された。
 このように、本論文では緻密な分析と既往研究を踏まえた詳細な解析が行われているとともに、数値モデルの定量的検証にも貢献した。また、本論文は、複数のコアを用いた広域比較研究であること、さらには国際共同研究であることなど、優れた枠組みの中で実施された研究の成果であることも評価できる。したがって、本論文には、雪氷学上の貢献が認められるとともに、雪氷研究者としての著者の将来性が感じられる。また、今後さらなる発展が見込める研究内容を含む論文であると認められる。
 以上の理由により、大藪幾美氏を、論文賞の受賞候補者に選定した。

 

 

受賞者名:繁山 航 氏(総合研究大学院大学)
論  文  名:Shigeyama, W., Nagatsuka, N., Homma, T., Takata, M., Goto-Azuma, K., Weikusat, I., Drury, M. R., Kuiper, E.-J. N., Mateiu, R. V., Azuma, N., Dahl-Jensen, D., Kipfstuhl, S. (2019): Microstructural analysis of Greenland ice using a cryogenic scanning electron microscope equipped with an electron backscatter diffraction detector. Bulletin of Glaciological Research, 37, 31-45. https://doi.org/10.5331/bgr.19R01
選定理由:
 本論文では、氷床のダイナミクスを理解する上で重要な、氷床内部にある多結晶氷の変形メカニズムの理解を目的として、後方散乱電子解析分析装置(EBSD)を搭載したクライオ走査型電子顕微鏡(ESEM)システムが新たに構築された。この分析システムを用いて、多結晶氷の粒径および氷内の不純物濃度と氷の変形速度との関係に着目して検討が行われた。特に氷期に形成された氷に含まれる、結晶粒径が小さく不純物濃度の高い“cloudy band”の微細構造と変形履歴の分析が行われ、これと隣接する透明な層とが比較された。人工氷を使用した角度誤差評価、およびグリーンランド氷床コアを用いた解析の結果、亜結晶粒界の密度と方位傾斜角がcloudy bandで高く、氷の変形の一要因である転位がこの層で多いことが示され、氷床流動メカニズムの理解の深化に大きく貢献した。
 緻密な分析の結果を用いて氷床流動メカニズムについての解析が行われており、雪氷学上の貢献とともに、雪氷研究者としての著者の将来性が感じられる。新たに構築した分析システムは、氷物性や、氷河や氷床のダイナミックスの理解へ貢献するのみならず、地球温暖化による氷床応答や海面変動などの課題への貢献が期待でき、今後のさらなる発展が見込まれる。
 以上の理由により、繁山航氏を、論文賞の受賞候補者に選定した。

 

 

活動賞

受賞者名:川瀬 宏明 氏(気象庁気象研究所)
件  名:川瀬宏明著「地球温暖化で雪は減るのか増えるのか問題」とその教育・普及活動に対する貢献
選定理由:
 授賞の対象となる著作は、多くの一般市民や大学生・高校生への教育・普及を目的として出版された。本書の構成は、まず、降雪のメカニズム、豪雪・寡雪地域の分布といった、降雪、積雪、融雪に関する雪氷学の基本を説明した後、地球温暖化と雪氷との関係について詳述され、最新研究についても末尾で触れられている。一般の読者は読み進めるうちに雪氷防災の基礎から応用までを学べるという点ばかりでなく、専門外の研究者が興味深く読める点においても、本書は高く評価される。これまで雪氷防災の専門書は存在するものの平易な解説本は存在しなかったが、気象学、特に近年関心の高い気候学の立場から書かれた本書は若い感性にあふれており、多くの読者に受け入れられると思われる。さらに、本書には全国で活躍する気象キャスターによるコラムが集録されており、初学者が読みやすい工夫がされているとともに、気象予報士と協働して教育・普及活動を行ってきた著者のこれまでの実績が示されている。したがって、本書の出版は、雪氷研究の教育・普及へ顕著な貢献をしたものと認められる。
 以上の理由により、川瀬宏明氏を、活動賞の受賞候補者に選定した。

 

 

2018年度受賞者

活動賞

受賞者名:武田 一夫 氏(元帯広畜産大学)
件  名:植物「シモバシラ」のもつ雪氷現象の美しさや魅力の紹介
選定理由:
 本会員は、茎から氷の結晶を析出することが知られているシソ科の多年草である植物「シモバシラ」について、その氷晶析出機構に関する研究を進めるとともに、氷晶を析出するシモバシラの美しさや魅力を、雪氷学会員のみならず一般市民に紹介する活動を長年続けている。
 研究面においては、シモバシラによる氷晶析出を、野外観察や室内実験によって、物理現象として説明した(武田, 2013)。また、国際シンポジウムであるISCB2018(International Symposium on Cryosphere and Biosphere)において、シモバシラの氷晶析出機構に関する研究成果の発表を行った(Takeda, 2018)。
 近年には、自ら撮影したシモバシラの様々な写真や、シモバシラより析出する氷の動画を用いて、写真展、サイエンスカフェ、講演会を行い、シモバシラの美しさやその魅力を広く一般市民に伝えている。また、昨年度と今年度には、兵庫県立人と自然の博物館と共同で、自ら栽培したシモバシラを用いて、山歩きすることなくシモバシラの魅力を一般市民に伝えようと、観察会を積極的に行った。
 これまでシモバシラといえば、冬の寒い朝、地表の水分が凍って細かい柱状になった”霜柱”だけを想像する一般市民が多かった。これまであまり広く知られてこなかった植物のシモバシラが生み出す雪氷現象の美しさやその魅力を一般市民へ伝える活動は、雪氷教育の教育・普及に顕著な貢献をしたものとみなされる。
 以上の理由により、武田一夫氏を、活動賞の受賞候補者に選定した。

2017年度受賞者

論文賞

受賞者名:荒木 健太郎 氏(気象庁気象研究所)
論  文  名:荒木健太郎 (2018): 低気圧に伴う那須大雪時の表層雪崩発生に関わる降雪特性. 雪氷, 80, 131-147
選定理由:
 2017 年 3 月 27 日に南岸低気圧に伴う大雪により栃木県那須町の山岳域で表層雪崩による災害が発生した。一般に表層雪崩の発生要因としての短時間大雪の重要性が指摘されているが、南岸低気圧に伴う関東甲信地方の山岳域での短時間大雪については解析例が少なく理解が不足していた。そこで本論文では、本表層雪崩の事例について、短時間大雪の発生メカニズムについて事例解析を行うとともに、那須における短時間大雪の際の気象場や降雪の特性について統計解析を行った。
 その結果、南岸低気圧に伴う雲からの雪が地形性上昇流で発生した下層雲に作用し(Seeder-Feeder メカニズム)、局地的に短時間大雪をもたらしていたことを高分解能数値シミュレーションにより明らかにした。また、那須で大雪となる気圧配置は西高東低の冬型が 63%、低気圧が 30%であり、いずれも日降雪時間が長いほど日降雪深が大きいことを示した。さらに、低気圧による降雪の場合には例外的に短時間で大雪になることがあり、これらの事例の多くは閉塞段階の低気圧が関東付近を通過していた際に起こっていたことを明らかにした。
 本論文での事例解析では、気象庁アメダス、国土交通省水文水質データベース、気象庁の一般レーダーによる全国合成レーダー、地上気象観測、高層気象観測、地上天気図、メソ客観解析といったさまざまなデータの解析ならびに気象庁非静力学モデルを用いた数値実験が行われており、多角的な視点から短時間大雪の事例が客観的かつ詳細に分析されている。また、数値実験の結果より、地形の影響は山岳域での降雪種にも影響を及ぼし、弱層形成の要因となりうるという点まで踏み込んで考察が行われている。
 これらの成果は観測例の少ない太平洋側の山岳域での短時間大雪のメカニズムを理解する上で非常に有用であり、雪崩防災へも大きく貢献するものである。さらに、本論文の主著者は雪氷学分野の若手研究者として積極的に学術雑誌への投稿を行っている。
 以上の理由により、荒木健太郎氏を、論文賞の受賞候補者に選定した。

 

活動賞

受賞者名:杉村 剛 氏(国立極地研究所)
件  名:寒冷圏監視衛星データ利用の推進
選定理由:
 本会員は、寒冷圏の常時監視が可能な JAXA の地球観測衛星“しずく(GCOM-W)”のプロダクトをはじめとする過去のマイクロ波プロダクトを可視化公開する Web アプリ VISHOPや、これらの衛星を含むグリッドデータのオンライン可視化アプリケーション(VISION)の開発を行った。VISHOP はマイクロ波衛星によって得られる極域の海氷状況や環境をリアルタイムで公開しており、極域の現状を研究者だけでなく一般へも公開することにより、これらの衛星データの利用推進を図るものである。また VISION はオンラインで衛星データを可視化解析できることから、衛星利用の専門家以外の多くの研究者によって利用されている。
 これらのアプリケーションを用いた極域の海氷状況に関した広報活動は、国立極地研究所だけではなく、JAXA の広報にも利用されている。これらのサイトへのアクセス数は年間120 万(2016 年度)をカウントし、その 80%が海外の利用者からのものである。これらのアプリケーションは日本のみならず世界へ向けて非常に活発に情報を提供しており、北極・南極における海氷状況等を把握するのに重要なツールとなっている。有用な情報を日本発でタイムリーに発信し、世界中から多くのアクセスを得ている点は高く評価される。
 また、これらのアプリケーションの開発を通した寒冷圏監視衛星の利用の推進は表には出ない活動ではあるが、雪氷学における教育・普及活動として地道に継続されるべき重要な活動である。
 以上の理由により、杉村剛氏を、活動賞の受賞候補者に選定した。

 

2016年度受賞者

論文賞

受賞件名:島田 利元 氏(宇宙航空研究開発機構)
論  文  名:Shimada R, N. Takeuchi and T. Aoki (2016): Inter-Annual and Geographical Variations in the Extent of Bare Ice and Dark Ice on the Greenland Ice Sheet Derived from MODIS Satellite Images, Front. Earth Sci., 4:43. doi: 10.3389/feart.2016.00043
選定理由:
 近年の地球温暖化に伴い、グリーンランド氷床の急激な融解・縮小が懸念されている。グリーンランド氷床縁辺部では、毎夏、積雪が融解した後に広がる裸氷域に、反射率が低い領域(暗色域)が広がっていることが知られているが、暗色域が時空間的に氷床上にどのように分布しているのか、これまでその実態は未解明となっていた。推薦論文となる島田氏の研究は、米国航空宇宙局の地球観測衛星搭載光学センサMODISの観測データを独自の処理アルゴリズムで解析することにより、2000-2014年の15年間の長期にわたる裸氷域及び暗色域の時空間変動を世界で初めて明らかにした画期的なものである。本論文は、7月の裸氷域、暗色域の面積がともに15年間増加傾向にあり、過去に地上観測による報告事例が多かった氷床縁辺部の南西側以外にも広い範囲に暗色域が発達していることを明らかにした。また、融解域、暗色域が発達する要因について、裸氷域は気温との相関が高く、一方、暗色域は短波放射量と逆相関の関係にあることを明らかにし、暗色域の実態解明に多大なる貢献をしている。以上の内容により、論文賞として選定した。

 

受賞件名:ヌアスムグリ アリマス 氏(ゼノクロス航空宇宙システム)
論  文  名:Alimasi, N., H. Enomoto, J. Cherry, L. Hinzman and T. Kameda (2016): Winter-spring transition of ground conditions over Alaska derived by airborne 6 GHz microwave and infrared observations, 雪氷, 78(6), 365-382.
選定理由:
 推薦論文は、北極圏の山岳、植生や湿地などからのマイクロ波放射の観測結果をまとめたものである。また積雪と温暖化という気候変化の関係を知るうえで重要な融雪期注目し、低温期と融雪開始期、融雪後の変化にも注目し、3回の航空機観測を実施して成果をまとめている。
 衛星による雪氷観測ピクセルの中には多様な地表面状態が入るが、本論文では地上観測や衛星観測では得にくい北方森林域やツンドラの湖沼群や山岳の放射情報をまとめている。また、本論文の特長は、従来のマイクロ波観測ではあまり使われていない低周波の6 GHzの利用を検討し、積雪下の地表面情報を取得できる可能性を高め、今後の衛星観測技術の開発につながることが期待できる。
 本論文では、積雪被覆下でも凍結湖沼が検出できることや融雪開始期の積雪下での昇温、植生域での融解開始前後の赤外線とマイクロ波放射の増加の違いを確認した。また、融雪開始前後の低地と山岳の比較から、融雪前の寒冷期では高山域のほうが放射輝度の高いこと、融雪開始後はそれが逆転することを示し、新しい観測手法や得られる情報についてまとめている。さらに、衛星観測データから長期・広域の傾向を確認している。
 また、本論文は国際共同研究として実施され、その研究成果がまとめられたものであることも評価に値する。今後の研究や技術開発に向けて、本論文の前後にも関連論文を雪氷誌に掲載し、2016年11月からマイクロ波放射計を南極大陸に持ち込んで観測を実施していることも追記し、論文賞として選定した。

 

活動賞

受賞者名:荒木 健太郎 氏(気象庁気象研究所)
件  名:市民科学による雪結晶観測を通した雪氷知識普及の功績
選定理由:
 荒木会員は2016年度から気象研究所「#関東雪結晶 プロジェクト」を立ち上げ、関東甲信の市民を対象に降雪時の雪結晶の写真を募集し、首都圏の降雪現象の実態解明に関する研究を行っている。本プロジェクトにおいて荒木会員はスマートフォンを用いたごく簡易な雪結晶の観測手法を確立し、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を通した観測協力の呼びかけ等により多数の市民が雪結晶観測に参加している。特に、20161124日の関東降雪事例では5100枚以上の雪結晶画像が集まり、世界で初めての市民参加による超高密度広域雪結晶観測が行われた。本プロジェクトの話題は新聞やTV、ラジオ、科学雑誌やwebニュース等の多くのメディアに取り上げられ、これにより雪結晶に関する知識や簡易観測手法が非常に多くの国民に広く普及された。さらに、荒木会員は20161210日に関東・中部・西日本支部主催のシンポジウム「関東の大雪に備える」の企画・運営で中心的役割を果たし、雪結晶を中心とした雪氷学の知識普及を行った。荒木会員は2017211日の北信越支部との共催の積雪観測&雪結晶観察講習会でも講師を行い、この他にも多くの一般向け講演や著書、SNSでの情報発信で雪氷知識普及を行っている。これらの雪氷学に関する教育・普及活動は顕著であり、活動賞に値するため選定した。


「関東・中部・西日本支部」のContents