日本学術会議ニュース

カテゴリーRSS

日本学術会議ニュースカテゴリー記事の一覧です

【SCJ】日本学術会議ニュース・メールNo.766

日本学術会議ニュース

雪氷学会会員の皆様

日本学術会議ニュース・メールNo.766をお送りします.

竹内望
——– Forwarded Message ——–
Subject: [Jimu 1161] 【SCJ】日本学術会議ニュース・メールNo.766

From: 日本学術会議事務局 <scj_news@scj.go.jp>
To: ntakeuch@faculty.chiba-u.jp
CC: 雪氷学会事務メール <jimu@seppyo.org>

======================================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.766* 2021/9/17
======================================================================
1.【開催案内】共同主催国際会議
 「第2回アジア熱科学会議」
2.【開催案内】筑波会議2021コンカレントセッション
 「オープンサイエンスと在来知をめぐる倫理的諸問題」
3.【開催案内】公開シンポジウム
 「教育データの利活用の動向と社会への展開」
4.英国 The British Academy主催 研究公募について
■——————————————————————–
【開催案内】共同主催国際会議
 「第2回アジア熱科学会議」
——————————————————————–■
会期:令和3年10月3日(日)〜10月7日(木)[5日間]
場所:オンライン(本部設置場所:九州大学伊都キャンパス)

 日本学術会議と日本伝熱学会が共同主催する「第2回アジア熱科学会議」が、
10月3日(日)より、オンライン(Zoomによる)で開催されます。
 当国際会議では、「熱の科学と工学ーその可能性とアジアからの発信ー」を
メインテーマに、機械工学、化学工学、原子力工学等を主要題目として、研究
発表と討論が行われることとなっており、その成果は、熱科学の発展に大きく
資するものと期待されます。また、本会議には16ヵ国・地域から約600名の参
加が見込まれています。
 また、一般市民を対象とした市民公開講座として、10月3日(日)に「熱を
熱く語る」が開催されることとなっております。関係者の皆様に周知いただく
とともに、是非、御参加いただきますようお願いいたします。

第2回アジア熱科学会議 市民公開講座
「熱を熱く語る」
【日時】2021年10月3日(日)13:00〜14:00
【会場】オンライン
 (ZoomウェビナーID:876 1752 2633,   パスコードは申し込みページより自
動配布されます)
【参加費】無料(定員1,000名)

※内容等の詳細は以下のホームページをご参照ください。
○国際会議公式ホームページ(http://acts2020jp.org/)
○市民公開講座申し込みページ(Googleフォームより)
 (https://forms.gle/JsQL8fUhcraDHB7f6)

【問合せ先】2nd ACTS 事務局(九州工業大学内)
 宮崎 康次
(Tel:093-884-3168、Mail:miyazaki.koji055@mail.kyutech.jp)
■——————————————————————–
【開催案内】筑波会議2021コンカレントセッション
 「オープンサイエンスと在来知をめぐる倫理的諸問題」
——————————————————————–■
【日時】2021年9月27日(月)17:00〜18:30
【場所】オンライン開催
【主催】筑波会議委員会
【セッションオーガナイザー】日本学術会議若手アカデミー
【参加費】無料
【事前参加登録】必要 tsukuba-conference.com/registration
【開催趣旨】
 公的資金による研究成果を広く社会に開放するオープンサイエンスの動きが
国内外で進んでいる。科学技術政策としてのオープンサイエンスは研究データ
のオープン化をねらいとするが、地域社会に備わる伝統知・在来知は、必ずし
もオープン化にそぐわないことがある。本セッションでは、哲学、民俗学、保
全生態学、看護学などの若手研究者が、研究の現場における在来知の取り扱い
に関する経験を持ち寄り、科学知と在来知の融合やオープン化の望ましいあり
方について、国際的に議論する。
【使用言語】英語・同時通訳なし
【次第】 tsukuba-conference.com/sessions/c-17
【筑波会議について】
 筑波会議は、筑波研究学園都市に世界から産官学の優秀な若手を中心とする
人材を集め、「社会と科学技術」の諸課題について議論を深める機会を提供す
ることを目的とする国際会議で、2019年に第1回が開催されました。今回は
“Inclusive Innovation for the New Normal”をテーマとして、9月21日〜30日
にオンラインで開催されます。
【問い合わせ先】
 若手アカデミー地域活性化に向けた社会連携分科会・幹事 近藤 康久
 メールアドレス:kondo@chikyu.ac.jp
■——————————————————————–
【開催案内】公開シンポジウム
 「教育データの利活用の動向と社会への展開」
——————————————————————–■
【日時】 2021年10月17日(日)13:00〜17:00
【開催地】オンライン
【主催】日本学術会議 情報学委員会・心理学・教育学委員会合同 教育デー
   タ利活用分科会
【参加費】 無料
【事前申込み】要 〆切り:10月16日(土)12:00
  URL: forms.gle/uh7p7H7XmVnDwED99
【開催趣旨】
 日本学術会議から「教育のデジタル化を踏まえた学習データの利活用に関す
る提言」が2020年9月末に公開された。本シンポジウムでは、本提言の啓発活
動を行うとともに、教育データの収集と分析(ラーニングアナリティクス)
に関する政策関係者並びに研究者を招き、教育データの利活用における課題や
今後の方向性について議論する。
【プログラム】
 https://eds.let.media.kyoto-u.ac.jp/?page_id=3242
【問い合わせ先】
 京都大学学術情報メディアセンター緒方研究室
 メールアドレス:contact@let.media.kyoto-u.ac.jp

■——————————————————————–
 英国 The British Academy主催 研究公募について
——————————————————————–■
日本学術会議会員、連携会員 各位

         英国 British Academy 研究公募について

                          日本学術会議副会長
                              高村 ゆかり

各位

 標記のとおり、英国 The British Academyより、研究公募について連絡がま
いりましたので、御案内いたします。日本に関する研究も対象に含まれます。
 御高覧の程、よろしくお願い申し上げます。

【テーマ】
1)COVID-19 Recovery: Building future pandemic preparedness and
Understanding citizen engagement in the G7
2)Just Transitions to Decarbonisation in the Asia-Pacific

【応募期日】
 2021年10月6日(水)16時(GMT/グリニッジ標準時)
 ※上記テーマ1)、2)共通

 その他、詳細および最新の情報につきましては以下ホームページをご覧くだ
さい。

【英国The British Academyホームぺージ】
1)https://www.thebritishacademy.ac.uk/funding/covid-19-recovery/
2)https://www.thebritishacademy.ac.uk/funding/just-transitions-to-
decarbonisation-in-the-asia-pacific/

※上記URLへアクセスできない場合は、お手数ですが、以下手順でアクセスして
頂けますと幸いです。
 1.インターネットで「The British Academy」と検索し同アカデミーのサイ
  トへアクセス
 2.「Funding」という項目をクリック
 3.「Open for applications」のページにて上記テーマ名が記載されている
   部分をクリック

【お問い合わせ先】
 主催アカデミー The British Academy
 Email: f.langley@thebritishacademy.ac.uk

***********************************************************************
       学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
           http://jssf86.org/works1.html
***********************************************************************
=======================================================================
 日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術誌等へ
の転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多くの方にお読み
いただけるようにお取り計らいください。
 過去のメールニュースは、日本学術会議ホームページに掲載しております。
 https://www.scj.go.jp/ja/other/news/index.html

【日本学術会議ウェブサイトの常時暗号化について】
 日本学術会議ウェブサイトは2021年10月1日より常時暗号化通信(TLS1.2)
対応いたします。

 新URL:https://www.scj.go.jp

 日本学術会議ウェブサイトへのリンク、お気に入り等設定している場合は、
お手数ですが「https」への修正をお願いいたします。

【本メールに関するお問い合わせ】
 本メールは、配信専用のアドレスで配信されており返信できません。
 本メールに関するお問い合わせは、下記のURLに連絡先の記載がありますの
で、そちらからお願いいたします。
=======================================================================
 発行:日本学術会議事務局 https://www.scj.go.jp/
     〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34
================================.
登録変更には「マイページ」をご活用ください.
www.seppyo.org/membership-login/membership-join/
================================
雪氷学会お知らせメーリングリストです.
学会員には必ずこのMLのメンバーになってもらいます.
登録・変更は,マイページを変更いただくか,
www.seppyo.org/mailman/listinfo/member-announce から、又は
member-announce-owner@seppyo.org まで,
氏名所属(変更前のアドレス)を明記してお申し込み下さい.
会員へのお知らせ投稿は member-announce@seppyo.org まで.
雪氷学会ホームページ www.seppyo.org/

日本学術会議の活動と運営に関するご連絡

日本学術会議ニュース

雪氷学会会員の皆様

日本学術会議の活動と運営に関するご連絡を転送いたします.

学術委員会
竹内望

日本学術会議の活動と運営に関するご連絡

2021年8月30日
日本学術会議幹事会

2021年8月26日、日本学術会議の活動と運営に関する記者会見を行い
ました。記者会見冒頭の梶田隆章会長の挨拶(下記のとおり)のほか、サイエン
ス20共同声明等、日本アセアンセンターとの協働・連携、学術フォーラム・公
開シンポジウム等の開催予定についてご説明いたしました。記者会見で配布し
た資料は、日本学術会議のホームページに掲載しております。
○第25期幹事会記者会見資料(8月26日)
www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/kanji/kisyakaiken.html

○第315回幹事会(令和3年8月26日)資料
www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/kanji/siryo315.html

○第314回幹事会(令和3年7月29日)議事要旨
www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/kanji/pdf25/giji314.pdf

———————————————————————-
○記者会見冒頭の梶田隆章会長の挨拶
本日は、日本学術会議の記者会見にお集まりいただき、どうもありがとうござ
います。新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う緊急事態宣言期間中です
ので、今回もオンラインでの記者会見とさせていただきます。また、私はこのあ
と総合科学技術・イノベーション会議に出席するため退席させていただきます
ので、あらかじめ御容赦ください。

新型コロナウイルス感染症は、全国各地で新規感染者数が過去最大を記録す
るなど、医療提供体制が非常に厳しい状況にあり、明日27日からは緊急事態宣
言の対象地域も追加されることとなりました。このような感染拡大の状況にお
いて、命と健康を守るために働いている医療関係者の方々に敬意を表するとと
もに、学術会議としても、引き続き学術フォーラムやシンポジウムを通じた情報
発信などに積極的に取り組んでまいります。新型コロナウイルス感染症関係を
含め、今後の学術フォーラムや公開シンポジウムの開催予定について、菱田副会
長より御紹介いたします。

 また、本日は国際活動についてご報告させていただきます。日本学術会議は、
わが国の科学者の内外に対する代表機関として、世界各国のアカデミーと協働・
連携した取組を行っています。この度、G20各国の科学アカデミーによる会議
である「サイエンス20」において、共同声明が取りまとめられましたので、高
村副会長より御説明いたします。

 更に、学術会議では、外部機関との連携の取組を進めていくことにしておりま
すが、その一つとして、国際機関である日本アセアンセンターとも協働・連携し
た取組をはじめました。その一環として、日本アセアンセンターが主催するシン
ポジウムに、パネリストとして高村副会長が参加することとなりましたので、こ
の点についても、高村副会長より御紹介いたします。

 最後に、新型コロナウイルスはこのような危機的な感染拡大の状況です。10
月初旬に予定している次回総会については、学術会議の総会は、執行部としては
対面で行うことを原則と考えておりますので、延期することも視野に入れて、今
後の状況を注視したいと考えています。

記事の有効期限: 2021年10月1日 Friday

【SCJ】日本学術会議ニュース・メールNo.764

日本学術会議ニュース

雪氷学会会員の皆様

日本学術会議ニュース・メールNo.764をお送りします.

学術委員会
竹内望

——– Forwarded Message ——–
Subject: [Jimu 1090] 【SCJ】日本学術会議ニュース・メールNo.764

From: 日本学術会議事務局 <scj_news@scj.go.jp>
To: ntakeuch@faculty.chiba-u.jp
CC: 雪氷学会事務メール <jimu@seppyo.org>

======================================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.764* 2021/8/27
======================================================================
■——————————————————————–
【開催案内】公開シンポジウム
 「コロナ禍における社会の分断:ジェンダー格差に着目して」
——————————————————————–■
【日時】 2021年9月19日(日) 13:30〜17:00
【場所】オンライン
【主催】日本学術会議社会学委員会ジェンダー研究分科会、経済学委員会、
    政治学委員会、社会学委員会・経済学委員会合同包摂的社会政策に関
    する多角的検討分科会 【共催】なし
【後援】東京大学現代日本研究センター
【参加費】無料
【定員】3,000名
【開催趣旨】
 コロナ禍は、全地球を巻き込んだ社会リスクである。ただ、個々人が実際に
受けるリスクの中身や程度は、ジェンダー、年齢、国籍・人種といった属性に
よって大きく異なる。日本においては特にジェンダー格差が大きいこともあり、
女性や女の子たちへの影響が深刻であるとみなすべきデータがある。すなわち
コロナ禍は、これまで長きにわたって存在したジェンダー格差を露呈させた。
これについて、学術として何ができるか、何をなすべきかを議論する場として
本シンポジウムを企画した。具体的には、これまで解決、解消されてこなかっ
た日本の深刻なジェンダー格差について、コロナ禍の現在でこそ原因と解決の
糸口までを視野にいれ、検討を試みる。  いま世界が直面する危機的状況に
あって、学術に何ができるのか、学術とし
て何をなすべきなのか。経済学、社会学、政治学等の社会科学の観点から、学
術における政策議論の意味を探りたい。ここで特に強調したいポイントは、政
策立案に直結する研究のみならず、学術としての実証研究、実験研究の蓄積が
あってこそ、効果やインパクトがえられる政策に結びつくという、学術の総合
的な役割である。複数の専門分野から、実証データも取り入れながら多角的な
議論を展開していく。

【次第】 http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/314-s-0919.html
【事前申し込み】要
 https://u-tokyo-ac-jp.zoom.us/webinar/register/WN_tFRggedDShGtwMPtxadRfA
【問合せ先】
 東京大学現代日本研究センター事務局
 E-mail:contact(a)tcjs.u-tokyo.ac.jp ※(a)を@にしてお送りください。
***********************************************************************
       学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
           http://jssf86.org/works1.html
***********************************************************************
=======================================================================
 日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術誌等へ
の転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多くの方にお読み
いただけるようにお取り計らいください。
 過去のメールニュースは、日本学術会議ホームページに掲載しております。
www.scj.go.jp/ja/other/news/index.html

【本メールに関するお問い合わせ】
 本メールは、配信専用のアドレスで配信されており返信できません。
 本メールに関するお問い合わせは、下記のURLに連絡先の記載がありますの
で、そちらからお願いいたします。
=======================================================================
 発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
     〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34
================================.
登録変更には「マイページ」をご活用ください.
www.seppyo.org/membership-login/membership-join/
================================
雪氷学会お知らせメーリングリストです.
学会員には必ずこのMLのメンバーになってもらいます.
登録・変更は,マイページを変更いただくか,
www.seppyo.org/mailman/listinfo/member-announce から、又は
member-announce-owner@seppyo.org まで,
氏名所属(変更前のアドレス)を明記してお申し込み下さい.
会員へのお知らせ投稿は member-announce@seppyo.org まで.
雪氷学会ホームページ www.seppyo.org/