現在位置: ホーム 『雪氷』

『雪氷』

『雪氷』は、公益社団法人雪氷学会が年6回発行する学会誌です。原著論文の他、調査・実験・観測等の報告や解説記事、学会員へのお知らせなどが掲載されます。

seppyo.jpg

2011/2012年度雪氷編集委員会

委員長:石本敬志  副委員長:松下拓樹

<アーカイブ>

日本雪氷協会月報(1939-1940) in J-Stage
雪氷(1941-2007) in J-Stage
雪氷(2008-) in this site (準備中)

<投稿について>

1) 投稿は原稿と投稿票を電子メールで送る「電子投稿」を基本とします.
送付先:編集局(seppyo-editor@seppyo.org)

2) 電子投稿が困難な場合は,紙面による投稿も認めます.この場合は,原稿と投稿票,並びにそれらのコピー(論文・速報は3部,研究ノートは2部,その他の原稿は1部)を下記編集委員長宛にお送り下さい.
封筒には「雪氷原稿在中」と朱書きして下さい.

宛先:〒064-8555 札幌市中央区北4条西23丁目
一般財団法人 日本気象協会 北海道支社
雪氷編集委員長 石本敬志 電話:011-622-2230, FAX: 011-640-6717

3) 詳細は雪氷最新巻1号または雪氷学会ホームページ掲載の投稿規程,執筆要領を参照下さい.投稿票もホームページから取得可能です.

<バックナンバー>

最近の『雪氷』の概要を「目次」で紹介します。目次は PDF ファイルとなっています。

File 74巻5号
2012年9月/報告「いわゆる「水の結晶」の検証について」
File 74巻6号
2012年11月/研究ノート「水膜流による復氷速度の抑制および水膜厚さとその粘性係数の推定」
File 74巻4号
2012年7月/討論「カールに関するコメント(成瀬、2012)への回答」
File 74巻3号
2012年5月/論文「飛騨山脈、立山・剱山域の3つの多年性雪渓の氷圧と流動 -日本に現存する氷河の可能性について-」
File 74巻2号
2012年3月/論文「表層土壌の相違が積雪含水率や雪質に与える影響」
File 74巻1号
2012年1月/論文「対流型装置を用いた-4℃から-40℃での人工雪結晶の形態と生成条件 ―鏡面冷却式露点計による湿度測定に基づく結果―」、「湿潤高密度の積雪の引張破壊強度の密度・含水率依存性」
ドキュメントアクション
雪氷学会への連絡は

事務局

(2014.12.1に移転しました)

住所:

〒162-0801
東京都新宿区
山吹町358-5

アカデミーセンター
公益社団法人
日本雪氷学会事務局
担当 吉野


電話番号:

音声:03-5937-0356
FAX:03-3368-2822


E-mail: jimu@seppyo.org


ホームページ担当者

E-mail: joho@seppyo.org


« 2014 年 12月 »
12月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031