研究の道標■「吹雪による視程悪化の予測モデル」の開発を振り返る