衛星搭載中分解能光学センサの変遷と雪氷観測利用の展望