Japanese Society of Snow and Ice

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

連絡先

公益社団法人日本雪氷学会 北海道支部
 事務局 北海道大学低温科学研究所
〒060-0819 札幌市北区北19西8
電話:011-706-7441 (担当:杉山)
お問い合わせには【連絡フォーム】をご利用下さい

パーソナルツール
現在位置: ホーム 活動報告 支部総会 2004年度支部総会

2004年度支部総会

— カテゴリ:

2004年4月22日

2004年度支部総会

 

2004年度春の講演会に引き続いて総会が行われ、昨年度の事業報告・会計報告・今年度の事業計画案などが審議され、 今年度の新しい役員が選出されました。

 日 時 : 2004年4月22日 15:10~16:00(春の講演会に引き続き開催)

 場 所 : 北海道大学 学術交流会館 第一会議室

 議 題 :

2003年度事業報告

1. 春の講演会の開催
    日 時 :2003年4月25日(金)13:30〜15:00
    場 所 :北海道大学 学術交流会館 第一会議室
    講 演 :1.寒地ITSの研究開発
          加治屋安彦(独立行政法人北海道開発土木研究所 道路部 防災雪氷研究室長)
          2. 北西太平洋上で急激に発達する低気圧と水蒸気輸送
          遊馬芳雄(北海道大学大学院理学研究科 地球惑星科学専攻地球流体科学講座)
    参加者 :およそ50名

2. 支部総会
  日 時 : 2003年4月25日(金)15:10〜15:40
  場 所 : 北海道大学 学術交流会館 小講堂
  主要議題: (1) 2002年度事業報告・収支決算
         (2) 2003年度支部役員について
         (3) 2003年度事業計画案・収支予算案
         (4) その他

3. 役員会議
  日 時 : 2003年4月25日(火)15:40〜17:00
  場 所 : 北海道大学 学術交流会館 小講堂
  主要議題: (1) 2002年度地域講演会について
         (2) 支部の運営について
          (3) 本部理事の推薦について
          (4) その他

4. 理事・幹事会議
 (1)第1回理事・幹事会議
  日  時 :2003年6月26日(金) 16:00〜17:00
  場  所 :北海道大学 学術交流会館 第一会議室
  主要議題: 1. 全国理事会・総会報告
        2. 今後の支部財政計画について
        3. その他

 (2)第2回理事・幹事会議
  日  時 :2004年4月9日(金) 15:00〜17:00
  場  所 :(財)北海道道路管理技術センター 会議室
  主要議題: 1. 2003年度事業報告・収支決算
        2. 2003年度地域講演会の報告
        3. 2004年度事業計画案・収支予算案
        4. 2004年度役員について
        5. 2005年度全国大会開催について
        6. その他

5. 幹事会の開催
  第1回幹事会:2003年4月25日(金)17:00〜18:00、支部研究発表会総括、運営方針等について
  第2回幹事会:2003年11月10日(月)15:00〜17:00、2003年度地域講演会について

6. 研究発表会の開催
  日 時 : 2003年6月26日(木)10:30〜15:45
  場 所 : 北海道大学 学術交流会館 第一会議室
  発表件数: 16件   参加者数: 80名

7. 機関誌「北海道の雪氷」 22号の発行
  発行日 : 2003年9月12日
  発行部数: 350部

8. ニューズレターの発行  2回
  No.18(2003年6月9日) :研究発表会のお知らせ、総会・役員会のお知らせ、全国大会のお知らせ他
  No.19(2003年1月8日):地域講演会のお知らせ、学位論文照会他

9. 地域講演会
  日 時 :2004年1月28日(水)13:30〜17:00
  場 所 :北海道立北方建築総合研究所 多目的ホール(旭川市緑が丘東1条3丁目1-20)
  共 催 :北海道立北方建築総合研究所
  参加者 :約150名
  プログラム:
  A.講演会(13:30〜16:00)
   ・基調講演 「暮らしとすべり」  秋田谷英次氏(北の生活館)
   ・話題提供
    (1) 「道路の摩擦係数」      浅野基樹氏(北海道開発土木研究所)
    (2) 「建物まわりのすべり研究」  林 昌宏氏(北方建築総合研究所)
    (3) 「冬期バリアフリーとすべり」 新谷陽子氏(北海道開発技術センター)
    (4) 「スキーとスケートのすべり」 対馬勝年氏(富山大学理学部)
   ・パネルディスカッション
    コーディネーター  原文宏氏(北海道開発技術センター)
    パネリスト  各講演者
  B.北方建築総合研究所 実験施設見学会(16:00〜17:00)

10. 支部ホームページの運営
  開設年月日 :2003年1月27日

 

2003年度収支決算

(2003年4月1日から2004年3月31日まで)

収入の部 (単位 円)
科   目 決算額 備  考
1.会費収入 0  

支部会員費

0  
2.事業収入 155,000  
 研修会等収入 0  
   広告収入 79,000  
   出版収入 76,000 「北海道の雪氷」
3.内部移管金収入 400,000  
 交付金支部収入 250,000 本部より
助成金 150,000 本部より、臨時
 事業収支差額収入 0  
 広告支部受取金 0  
4.雑収入(預金利子) 4  
当期収入合計 555,004  
前期繰り越し収支差額 ,686,552  
収入合計 1,241,556  

 

支出の部 (単位 円)
科   目 決算額 備  考
1.事業支出 523,904  
   研修・見学会支出 22,828 研究発表会
 講演・談話会支出 112,838 春の講演会、地域講演会
 支部機関誌発行費 388,238 北海道の雪氷、ニュースレター
2.管理費 119,595  
   事務費 111,595 交通費、文房具費等
   会議費 8,000 お茶、弁当代等
3.内部移管収入勘定 0  
4.予備費 0  
当期支出合計 643,499  
当期収支差額 ▲ 88,495  
次期繰越し収支差額 598,507  
支出合計 1,241,556  

2004年度事業計画案

1. 春の講演会の開催
 日 時 : 2004年4月22日(木)13時30分〜15時00分
 場 所 : 北海道大学 学術交流会館 第一会議室
 講 演 :
  1. 「ヒマラヤを襲う氷河湖決壊洪水 −氷河湖研究の来し方・行く末−」
   山田 知充 氏(北海道工業大学、元北海道大学低温科学研究所)
  2. 「雪氷学の誤った"常識"三題」
   前野 紀一 氏(北海道大学名誉教授)

2. 支部総会
 日 時 : 2004年4月22日(木)15時10分〜15時40分
 場 所 : 北海道大学 学術交流会館 第一会議室
 主要議題: (1) 2003年度事業報告・収支決算
       (2) 2004年度支部役員について
       (3) 2004年度事業計画案・収支予算案
       (4) その他

3. 役員会議
 日 時 : 2004年4月22日(木)15時40分〜17時00分
 場 所 : 北海道大学 学術交流会館 第一会議室
 主要議題: (1) 2004年度地域講演会について
       (2) 支部の運営について
       (3) その他

4. 理事・幹事会議
  日 時 :2004年7月頃、2005年3月頃 の2回を予定

5. 幹事会の開催
  年度内に2〜3回程度開催

6. 研究発表会の開催
  日 時 : 2004年7月1日(木)10:00〜16:00(時間は予定)
  場 所 : 北海道大学 学術交流会館 第一会議室

7. ニューズレターの発行
  発行回数:2〜3回

8. 地域講演会
  日 時 :未定
  場 所 :未定

9. 積雪調査法講習会(新規事業)
 題 目 :防災関係者のための積雪調査法講習会 〜吹雪や雪崩に関連して〜
 日 時 :2004年12月中下旬 日中5時間程度 (予定)
 場 所 :札幌近郊(未定)
 内 容 :降積雪についての基礎講習、積雪断面観測
 講 師 :雪氷学会関係者
 その他 :参加費3,000円を想定(テキスト代、講師代を含む)

10. 支部ホームページの運営
  ・ホームページによる支部会員へのお知らせ
  ・雪氷関連情報の提供 等

11.機関誌「北海道の雪氷」23号の発行
   機関誌「北海道の雪氷」23号を発行(発行時期:2004年8月頃)、発行部数:350

2004年度収支予算 

(2004年4月1日から2005年3月31日まで)
 収入の部 (単位 円)
科   目 予算額 備  考
1.会費収入 0  

支部会員費

0  
2.事業収入 250,000  
 研修会等収入 150,000  
   広告収入 50,000  
   出版収入 50,000 「北海道の雪氷」
3.内部移管金収入 306,000  
 交付金支部収入 306,000 本部より
 事業収支差額収入 0  
 広告支部受取金 0  
4.雑収入(預金利子) 100  
当期収入合計 556,100  
前期繰り越し収支差額 598,057  
収入合計 1,154,157  
支出の部    (単位  円)
科   目 予算額 備  考
1.事業支出 620,000  
   研修・見学会支出 120,000 研究発表会
 講演・談話会支出 100,000 春の講演会、地域講演会
 支部機関誌発行費 400,000 北海道の雪氷、ニュースレター
2.管理費 110,000  
   事務費 100,000  
   会議費 10,000  
3.内部移管収入勘定 0  
4.予備費 0  
当期支出合計 730,000  
当期収支差額 ▲ 173,900  
次期繰越し収支差額 424,157  
支出合計 1,154,157  
ドキュメントアクション