Japanese Society of Snow and Ice

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

連絡先

公益社団法人日本雪氷学会 北海道支部
 事務局 北海道大学低温科学研究所
〒060-0819 札幌市北区北19西8
電話:011-706-7441 (担当:杉山)
お問い合わせには【連絡フォーム】をご利用下さい

パーソナルツール
現在位置: ホーム 活動報告 地域講演会 2006年度 地域講演会

2006年度 地域講演会

— カテゴリ:

稚内:ブリザードの世界・南極観測の今

2006年度 地域講演会

1.主  催   南極OB会北海道支部

2.共  催   (社)日本雪氷学会北海道支部

3.主  管   南極OB会道北支部

4.後  援   稚内市、稚内市教育委員会

5.協  力   大学共同利用研究機関法人情報・システム研究機構

          国立極地研究所 (財)日本極地研究振興会稚内支部

6.開催日時  平成18年10月21日(土) 18時より

7.会  場   稚内サンホテル

          (稚内市中央3-7-16 TEL:0162-23-5311)

8.講  演

 

講演(1) 「ブリザードの世界」

 西村 浩一 氏

 (新潟大学教育研究院自然科学系教授、第41次日本南極地域観測隊員)

南極みずほ基地での観測等から得られたブリザードのメカニズムの紹介と、ドームふじ基地での深層氷床掘削や地球の過去100万年の環境変動を解明するプロジェクトの概要を説明する。

 

講演(2) 「南極観測の今」

 白石 和行 氏

 (国立極地研究所教授 第47次日本南極地域観測隊長)

50周年を迎える日本の南極観測事業の最前線で、今、行われている研究活動や観測隊の仕事を紹介するとともに、南極大陸の存在が人類に与えている意義を考える。
ドキュメントアクション