Japanese Society of Snow and Ice

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

連絡先

公益社団法人日本雪氷学会 北海道支部
 事務局 北海道大学低温科学研究所
〒060-0819 札幌市北区北19西8
電話:011-706-7441 (担当:杉山)
お問い合わせには【連絡フォーム】をご利用下さい

パーソナルツール
現在位置: ホーム イベント情報 2010年度北海道支部 地域講演会

2010年度北海道支部 地域講演会

— カテゴリ:

しばれの街・りくべつと南極観測 -雪と氷が地球環境の謎を解く-

内容
  • 地域講演会
日時 2011年02月05日
開始: 15時00分 終了: 17時00分
場所 りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)
イベントをカレンダーに追加 vCal
iCal

北海道支部 地域講演会のお知らせ

「しばれの街・りくべつと南極観測 -雪と氷が地球環境の謎を解く- 」

2010lec_poster1.jpg

日本雪氷学会北海道支部では、毎年、札幌以外の北海道各地において、一般市民や雪氷関連技術者等の各方面 の関係者に対し「雪氷」に関する啓蒙活動を行うことを目的として「地域講演会」を実施しています。今年度は 2 月 5 日~6 日に開催される陸別町「しばれフェスティバル」30 周年記念行事の一環として、以下の日程で支部 講演会を実施します。陸別町は冬の厳しい寒さを利用した「町おこし」事業として、南極ドームふじ深層掘削計 画で使用する氷床深層掘削ドリル開発に積極的に技術協力するなど、南極観測と非常に深いつながりをもつ街で す。遠路とはなりますが、冬の夜空を観察したり寒さ体験も兼ねて、奮ってご聴講下さいますようご案内申し上 げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(1)開催日・場所 

  • 開催日: 2011年2月5日(土) 15:00~17:00 
  • 場 所: りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)ホール
  • (北海道足寄郡陸別町字遠別、TEL:01562-7-8100)
  • http://c11fxfmh.securesites.net/tenmon/
  • 主 催: (社)日本雪氷学会北海道支部
  • 共 催: 陸別町しばれ技術開発研究所、南極OB会北海道支部 後 援: 陸別町 
  • 参 加 料:無料
  • 申し込み:不要(直接会場にお越し下さい)

交通機関:札幌→池田(JR約 3 時間)経由→陸別(路線バス約 2 時間) 旭川→北見(JR約 3 時間)経由→陸別(路線バス約 1.5 時間) 札幌(あるいは旭川)からは、ともに朝 9 時のJR特急に乗車すると 14 時には陸別に到着することができます。

(2)プログラム 開会挨拶

挨 拶 講演会

  • 北海道支部長 高橋修平
  • 北海道陸別町長 金澤紘一

りくべつ宇宙地球科学館長 上井洋介

司会 亀田貴雄(北見工業大学) 

  • しばれ研との出会い...高橋修平(北見工業大学)
  • しばれの街・陸別と南極観測...渡邊興亜(元国立極地研究所長)
  • 南極ドームふじコアに記録されていた地球の歴史・宇宙の歴史...藤井理行(国立極地研究所長)

 

宇宙の歴史 プラネタリウム観望

  • 希望者 午後5時以降に30分程度、~午後5:30

 

(3)当日詳細スケジュールと「しばれフェティバル」案内 

  • 講演会参加希望者は午後 2 時 50 分までに、直接、りくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)に集合ください。あるいは、天文台は陸別町中心部から距離があるため、旧陸別駅(午後 2 時 20 分集合)→無料送迎車をご利用ください。
  •  講演会終了後、無料送迎車で「しばれフェスティバル」会場に移動します(フェスティバルは午後 6 時 30 分~)。
  • 午後 8 時 30 分からの花火終了後、懇親会参加希望者は無料送迎バスで懇親会会場(セレモ浜田)に移動、午 後 9 時から懇親会(会費 3,000 円)に参加ください。懇親会に参加されない方は無料送迎バスで宿泊先まで お送りします。
  • 「しばれフェスティバル」とは、日本一寒い陸別町で厳寒期に実施される 日本最寒の祭りです。フェスティバル会場への沿道には、アイスキャンド ルが並び、会場には巨大なキャンプファイヤー「命の火」が灯ります。 http://www10.ocn.ne.jp/~shibare/
  • 2 月 5 日(土)に陸別に宿泊される方は、浜田旅館(TEL:01562-7-3175)に 各自で予約ください。 しばれフェスティバル参加者の宿泊料金は、5,000 円(1 泊朝食つき)~6,200 円(1 泊2食つき)です。 http://www.rikubetsu.jp/hotel/index.html

(浜田旅館は、「旅のわが家」がキャッチフレーズのアットホームな旅館です) 

 

(4)問い合わせ先

北見工業大学社会環境工学科 亀田貴雄

(TEL:0157-26-9506,FAX:0157-25-8772、E-mail: kameda@mail.kitami-it.ac.jp)

ドキュメントアクション