現在位置: ホーム 日本雪氷学会北信越支部25周年事業 「雪のこころ*雪のことば」シンポジウム・作品募集

日本雪氷学会北信越支部25周年事業 「雪のこころ*雪のことば」シンポジウム・作品募集

日時 2012年11月23日
13時30分 から 20時00分 まで
場所 フェニックス大手 イーストスクエア・長岡震災アーカイブセンターきおくみらい
イベントをカレンダーに追加 vCal
iCal

雪への想いをカタチに「雪のこころ*雪のことば」の作品募集

世代を超えた雪への想いを様々な形で募り、雪のミリョク(魅力・美力・未力)を再発見、次世代へ伝えるために!

チラシダウンロードはこちらから 日本雪氷学会北信越支部25周年事業 「雪のこころ*雪のことば」チラシ

雪だるまぬりえダウンロード

【募集期間 ~11/11】

【審査・賞品】

審査員:安藤哲也(前新潟県図書館長)

高橋郁丸(新潟妖怪研究所所長、民俗研究家、漫画家)

小林春雪(新潟大学名誉教授)

畠山裕子(ちびっこ広場園長)

最優秀賞1作品 賞状 副賞:図書カード

優秀賞 賞状 賞品(絵本など)

【発表方法】

きおくみらい多目的ホール 11月17日(水)から12月2日(日)展示

冊子発行 2013年2月ごろ

部門内容応募方法
読んで伝える 作文・小説など A4用紙2枚以内

*手書き、活字問いません。そのまま展示しますので、紙面の工夫・装飾大歓迎です。

*展示作品にはタイトル、名前(ペンネーム可)を添付します。

*応募は事務局へメール、郵送持参のいずれかでお願いします。

*応募の際はお名前(ペンネーム可)、住所・電話番号、メール等の連絡先を教えてください。

 

見せて伝える 写真(に一言) 問わない

書いて伝える


俳句・川柳

雪氷を連想させるもの

雪だるまぬりえ A4用紙(ダウンロードできます)
なぞかけ・キャッチコピーなど 雪or氷とかけて

「雪のこころ*雪のことば」シンポジウム

日時:2012年11月23日(金)祝日

会場:フェニックス大手イーストスクエア

まちなかキャンパス長岡

長岡震災アーカイブセンター きおくみらい

プログラム

区分時間内容会場
開場 13:30

スクエア

第1部

14:00

~15:00

Dr.ナダレンジャーショー

ナダレンジャー:納口恭明

(防災科学技術研究所)

MC:小正裕佳子

(にいがた観光特使、元NHKアナウンサー)

スクエア

第2部

(大人)

15:30

~17:30

シンポジウム「雪のこころ*雪のことば

総合司会:瀬戸民枝(新潟県)

講演①

小正裕佳子

雪国・新潟の魅力と可能性

講演②

高橋郁丸

(新潟妖怪研究所所長、民俗研究家、漫画家)

新潟が育んだ雪と氷の妖怪たち

(10分休憩)

座談会(40分)

司会:瀬戸民枝(新潟県)

話者:小正裕佳子

高橋郁丸

安藤哲也(前新潟県立図書館長)

鈴木啓助(北信越支部長)

応募作品優秀賞発表

まちキャン4F

第2部

(子供)

15:15

~16:00

親子講座 親子で作ろう雪の世界

雪の絵本読み聞かせ、折り紙で作る雪の世界

きおくみらいホール

祝賀会

18:00

~20:00

25周年祝賀会(中越の利き酒大会、その他)

事前申し込み先:t.machikenATguitar.ocn.ne.jp(AT=@)

魚藤

展示

11/17

~12/2

雪のこころ*雪のことば」応募作品展示

きおくみらいホール

事務局:(参加申込・作品応募・問合先)

〒940-0821

長岡市栖吉町前山187-16 (独)防災科学技術研究所雪氷防災研究センター内

公益社団法人 日本雪氷学会北信越支部 担当:上石 kamiisiATbosai.go.jp(AT=@)

TEL:0258-35-8936 FAX:0258-35-0020

後援:

新潟県,長岡市,(独)防災科学技術研究所雪氷防災研究センター

長岡震災アーカイブセンターきおくみらい