コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール
ログイン
セクション
現在位置: ホーム イベント 今年の雪 速報会 2010-11

今年の雪 速報会 2010-11

「今年の雪 速報会 2010-11」 

主催団体: NPO法人 水環境技術研究会
社団法人 日本雪氷学会北信越支部
(独)防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター

趣旨:
この会は今年で7回目である。今冬は“話題性の多い雪”と言えないだろうか。すでに秋には
「今年は大雪かもしれない」という声もあった中で迎えた新年、かってないほどの大雪が山陰地
方に降り、列車、国道交通を大きく阻害した。国道の交通障害は福島県会津地方でも発生した。
と言って新潟県は忘れ去られていたわけではない。やがて1月半ば中越北魚沼と中魚沼で大雪
になってきた。それも過ぎると雪は見る見る解けていった。
いったいこれは普通の雪なのか、やっぱり大雪なのか、本会「今年の雪 速報会」は第一線で苦
労した人たちを集め、じっくりと今年の雪を振り返る。過去のこの会も沢山の方々の参加を得て、
興味深い議論があった。今年は例年以上に期待できるのだ。

注記:
例年4月に開催されていたこの会は、東日本大震災を受けて延期されていた。その未曾有の
大災害は収まったわけではない。その罹災者の苦痛に思いを寄せつつも、ここで議論する問題は、
やはり忘れずに語り合おう、という思いの元にこの速報会を開催する。


日時:2011年6月2日(木)13:20~17:00(受付開始13:00)

場所:長岡市中央公民館 (〒940-0072 長岡市柳原2-1), 参加費:500円(資料代)


プログラム(13:20~17:00)
* 「今冬の大雪とその観測・予測」
中井 専人(防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター)

* 「北陸地方の冬の天候と予想」 
五十里 勇人(気象庁 新潟地方気象台)

* 「2010/11年冬季の新潟および全国の積雪深分布の特徴」
伊豫部 勉(新潟大学 災害・復興科学研究所)

* 「2009/10年冬の大気循環場の特徴と日本の天候」
浮田 甚郎(新潟大学 理学部)

* 「道路管理者の視点から ~今冬の話題~」
蓑和 保男(国土交通省北陸地方整備局 長岡国道事務所)

* 「雪崩防災訓練の実践と問題点」 
大花 博重(新潟県南魚沼地域振興局地域整備部 計画調整課)

* 「平成23年魚沼地域豪雪の記録」
和田  豊(新潟県魚沼地域振興局地域整備部 維持管理課)

* 「今冬の雪崩」    町田 誠(町田建設株式会社)         


懇親会:“さらに密度の高い情報が得られます!”
時間:17:30~19:30 会費 5,000円(学生割引4000円)、
会場:割烹魚藤 長岡市表町1丁目10 - 6 電話0258-32-1465



申込方法:
参加を希望される方は、メールまたはファックスでお申込ください

1.メールでのお申込み
下記の必要事項をご記入のうえ、NPO法人水環境技術研究会のメールアドレス(mizukankyou@za.wakwak.com)まで、ご送信ください

ご連絡担当者

勤務先・所属団体

ご連絡先住所

TEL

FAX

メールアドレス


講演会参加者名

交流会参加者名


※ ご記入いただきました内容につきましては、今年の雪速報会2010-11のために使用するもので、それ以外には使用いたしません




2.ファックスでのお申込み(参加申込書の印刷)
参加申込書にご記入のうえ、NPO法人水環境技術研究会までファックスにてお送りください(FAX:0258-39-4006)

申込締切: 2011年5月25日(水)

問合せ先: NPO法人 水環境技術研究会  事務局 近藤
TEL:0258-39-4007 FAX:0258-39-4006
新潟県長岡市草生津3-5-25
株式会社エコロジーサイエンス内
Email: mizukankyou@za.wakwak.com

« 2021 年 10月 »
10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
項目