外部情報
2019年09月13日

<10/23>「産業界からの意見集約のための北極域技術研究フォーラム」第4回講演会_案内

公益社団法人 日本雪氷学会 会員の皆様

北極域研究共同推進拠点(J-ARC Net)産学官連携推進事業「産業界からの意見集約のための北極域技術研究フォーラム」では、以下の講演会を開催します。

第4回講演会
日時:2019年10月23日(水)
講演会:13:30-18:00(参加費無料)
交流会:18:00-20:00(参加費 2,000 円)
会 場:東京都港区虎ノ門 3-18-19 虎ノ門マリンビル 10 階 一般財団法人エンジニアリング協会
申込み期限:2019 年 10 月 11 日(金)
申込先:北極域技術研究フォーラム事務局 黒川 明 一般財団法人エンジニアリング協会内 電話番号:03-5405-7204 e-mail:kurokawa _at_ enaa.or.jp

詳しくは以下および添付のファイルをご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
関係各位殿
北極域技術研究フォーラム

北極域研究共同推進拠点(J-ARC Net)産学官連携推進事業「産業界からの意
見集約のための北極域技術研究フォーラム」では、2019年10月23日(水)に第4
回講演会を開催します。
第1回(平成29年2月1日)では、主に研究者側から、「北極域における研究の現
状・課題」について産業界側に情報提供いただき、今後の協調について議論しま
した。第2回(平成29年10月31日)では産業界側から、「北極域の持続可能な利用
・発展に資する事業に関して研究界に期待すること」を情報提供いただき、議論
し、第3回(平成30年11月27日)では「北極域の資源開発と航路利用」について
海外(韓国・ノルウェ-)の産業開発動向を、加えて、日本側から北極域での石
油・ガス開発とその輸送に関する産業・技術動向をご紹介いただきました。
今回は、「日本企業の北極ビジネスへの参入に必要なもの」を主題とし、北極
に関する「安全保障、ガバナンス・カントリーリスク、植物工場、クルーズ、宇
宙ビジネス」についてご講演いただきます。皆様のご参加、そして活発なご議論
を期待しております。(添付参照)
つきましては、10/11(金)までに「講演会」及び「交流会」の出欠について
ご連絡をお願いいたします。

ご多忙中恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

北極域技術研究フォーラム事務局 黒川 明
一般財団法人エンジニアリング協会内
電話番号:03-5405-7204 e-mail:kurokawa _at_ enaa.or.jp

兒玉裕二
——————-
Yuji Kodama
Executive Director
Office of Japan Consortium for Arctic Environment Research
Arctic Environment Research Center
National Institute of Polar Research
10-3, Midori-cho, Tachikawa, Tokyo 190-8518 Japan
Tel. 042-512-0927, Fax. 042-528-3195
e-mail: kodama.yuji _at_ nipr.ac.jp

————– next part ————–
テキスト形式以外の添付ファイルを保管しました…
ファイル名: 第4回北極域技術研究フォーラム講演会プログラム(案内).pdf
型: application/pdf
サイズ: 280095 バイト
説明: 無し
URL: <https://www.seppyo.org/mailman/private/member-announce/attachments/20190913/53e9e8d6/attachment.pdf>


記事の有効期限: 2019年10月25日 Friday