2019年09月11日

第10回極域科学シンポジウム

いつ:
2019年12月3日 – 2019年12月5日 全日
2019-12-03T00:00:00+09:00
2019-12-06T00:00:00+09:00
どこで:
国立極地研究所および統計数理研究所
東京都立川市緑町
連絡先:
国立極地研究所 極域科学シンポジウム実行委員会(担当:橋田) メール:

今回のシンポジウムでは、『南極研究の将来計画-次期第X期6か年計画とその先向けて』を特別セッションのテーマに設定しております。現在、南極地域観測は、2016年度から開始された重点研究観測「南極域から迫る地球システム変動」を中心とする第IX期6か年計画が後半に差し掛かり、次の第X期6か年計画に向けた検討を開始するタイミングに差し掛かりました。本特別セッションでは、各分野の南極研究の現状と将来展望に関するキーノートを中心に、分野横断型の研究等を含めた様々な研究計画の提案の発表を通して、2022年度から始まる第X期6か年計画の策定に向けた研究の方向性等を議論する場としたいと考えています。

会期: 令和元年年12月3日(火)-12月5日(木)
会場: 国立極地研究所および統計数理研究所(東京都立川市緑町)
発表申込および講演予稿集原稿の提出期限:
令和元年10月15日(火)JST 12:00
※発表申込と予稿集原稿を同時に受け付けますのでご注意下さい。

お問合せ先: 国立極地研究所 極域科学シンポジウム実行委員会(担当:橋田)
メール:polarsymp2019[at]nipr.ac.jp