2020年01月10日

北ユーラシアの積雪変化とそのモデリングに関する国際ワークショップ

いつ:
2020年2月14日 @ 3:06 午後 – 2020年2月21日 @ 4:06 午後
2020-02-14T15:06:00+09:00
2020-02-21T16:06:00+09:00
どこで:
弘前大学
弘前市
料金:
無料

今年度から3年間、弘前大学の機関研究が採択されたこともあり、
APHRODITE-3として寒冷域(弘前など北東北を含む)に主眼をおいて活動します。
 その一環で、2020年2月19-21日に、Pasha Groismanらをお招きして
弘前にてInternational workshop on snow cover changes and its modeling over Northern Eurasia
(北ユーラシアの積雪変化とそのモデリングに関する国際ワークショップ)
http://aphrodite.st.hirosaki-u.ac.jp/workshop_Feb2020.html
を開催します。2/14-2/21にキャパシティービルディング(APHRODITEの作り方)WSも
平行開催しております。

・雪の好きな方(昨日は弘前で雨が降り、豪雪を見せられるか不安ですが)
・Pasha GroimanやSergey Sokratovに会いたい方
・Russia,ヨーロッパなどから若手研究者数名、training WSには中央アジアから15名
 参加します。ネットワークづくりにもよいかもしれません
・本格的な議論をされたい方も、もちろん歓迎です。
・APHRODITEの作り方を勉強したい方で2/14-19のtraining workshopに参加して
 くださる方も歓迎です!

【締切】
参加の意思表明、タイトルなど:1月15日ごろまで
発表いただく場合Abstract(英語):1月31日まで
APHRODITE WSに参加の場合のデータ送付:1月10日まで

【連絡先】 
 谷田貝(yatagai@hirosaki-u.ac.jp)とWS担当(aphrodite.secretary@gmail.com)
までメールにてご連絡ください。

【旅費支援】若干ですが旅費があります。ご発表や外国人に
data handlingを教える手伝いをしてもよいという方優先でサポートします。
お早目にご相談ください。

【最新情報】
http://aphrodite.st.hirosaki-u.ac.jp/workshop_Feb2020.html
http://aphrodite.st.hirosaki-u.ac.jp/
http://aphrodite.st.hirosaki-u.ac.jp/japanese/