2019年10月16日

ワークショップ『降雪に関するレーダーと数値モデルによる研究(第18回)

いつ:
2019年11月19日 @ 1:00 PM – 2019年11月20日 @ 1:00 PM
2019-11-19T13:00:00+09:00
2019-11-20T13:00:00+09:00
どこで:
防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター 大会議室
新潟県長岡市
料金:
無料
連絡先:
国立研究開発法人 防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター
0258-35-8934
ワークショップ『降雪に関するレーダーと数値モデルによる研究(第18回)』in長岡のプログラムが確定しました。
詳細はWebサイト
http://yukibousai.bosai.go.jp/others-files/KouWS_FY2019Nagaoka/index.html
をご覧下さい。
■参加(聴講)は無料、申し込み不要です。皆様のお越しをお待ちしております。
■懇親会は申し込み必要、11月13日締切です。場所はWebサイトをご覧下さい。

名称:
ワークショップ『降雪に関するレーダーと数値モデルによる研究(第18回)』
サブタイトル: JPCZ revisited
日時: 2019年11月19日(火)-20日(水)
場所: 防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター 大会議室(新潟県長岡市)
    http://www.bosai.go.jp/seppyo/

プログラム:
○11月19日(火)
■セッション: JPCZ理解の現状
 中井専人(防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター)
    JPCZの関係する近年の大雪災害
 鳥山泰宏(新潟地方気象台)
    平地中心の大雪に関する予報現場における検討について
■セッション: JPCZの関係する降雪粒子の特性
 橋本明弘(気象庁気象研究所)
    2018年北陸に大雪をもたらした降雪雲の雲物理特性に関する数値実験
 幾田泰酵(気象庁)
    雲物理過程の改良とGPM衛星観測の再現
 本吉弘岐(防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター)
    長岡における冬期季節風時の降雪粒子・降雪結晶について
■懇親会
○11月20日(水)
■セッション: 水平シアー場における雲と渦の発達とその環境
 山下克也(防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター)
    JPCZの新潟県中部の降雪粒子種分布
 猪上華子(気象庁 気象研究所)
    庄内地方における水平シア場の渦の高分解能レーダー観測
 本田明治(新潟大学)
    日本海上の収束雲形成にかかわる総観場・循環場の特徴
■総合討論
■所内見学(希望者)


——————————————————————–
http://www.bosai.go.jp/seppyo/
Sento NAKAI
NIED Snow and Ice Research Center
Suyoshi, Nagaoka 940-0821, Japan
phone: +81 258 35 8934  fax: +81 258 35 0020
国立研究開発法人 防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター
中井専人
〒940-0821 長岡市栖吉町前山187-16
phone: 0258-35-8934  fax: 0258-35-0020