関東・中部・西日本支部からのお知らせ
2019年10月10日

サイエンスアゴラ2019|ボランティアの募集

雪氷学会会員の皆様:

関東中部以西支部理事の谷川です.
来月の11月15日(金)-17日(日)に,お台場のテレコムセンターと日本科学未来館他でサイエンスアゴラというイベントが開催されます.サイエンスアゴラは JST 主催の科学コミュニケーションイベントです.そこに関東中部以西支部の行事としてブースを出展することになりました.関東中部以西支部では2014年開催のサイエンスアゴラから出展しており,今年で5回目の出展になります.

●サイエンスアゴラ
https://www.jst.go.jp/sis/scienceagora/

関東中部以西支部では「雪の重さってどれくらい? 雪はどのように変化する?」というテーマで出展します.

●担当ブース
https://www.jst.go.jp/sis/scienceagora/program/booth/423/

#「雪氷」
(2018年3月号)に前回(2017年開催)の出展報告がありますので,こちらもご覧ください.

現在このイベントのお手伝いを探しております.
当日ブースで雪の重さや雪の色,その変化の様子など観察のサポートを行いながら,雪の魅力や(特に関東周辺にお住まいの方々の参加が多く見込まれるため)非雪国のくらしのための雪氷防災・減災について簡単にお伝えしていただくスタッフを募集いたします.今年はサーモビューワーや近赤外カメラを用意して,雪質が時間とともに変化していく様子を視覚的にみてもらうことも検討しております.

時間は会場の設営も含めて 9:00~17:00 になります.

休日の2日間になりますが,1日のみ,あるいは一部の時間帯のみの参加も大歓迎です.
お手伝いいただける方,また本活動にご興味のある方は谷川までご連絡ください.
お手伝いいただける方は,下記事項をお知らせください.

□ 氏名(所属):
□ 参加可能な日時:
□ 電話番号(当日連絡がとれる番号):
□ E-mail:

申込先・連絡先:谷川朋範 
E-mail: tanikawa _at_ mri-jma.go.jp
Tel: 029-853-8715 (気象研究所気象予報研究部)

お近くにご興味のある方がおられましたら本メールを転送していただけますと幸いです.
どうぞよろしくお願い致します.


谷川朋範 | 気象庁気象研究所気象予報研究部 | tanikawa _at_ mri-jma.go.jp |
+81-29-853-8715


記事の有効期限: 2019年11月20日 Wednesday