BGR

カテゴリーRSS

BGRカテゴリー記事の一覧です

Monograph

BGR

Monograph

Data Center for Glacier Research Monograph No.1


Glacier Lake and its Outburst Flood in the Nepal Himalaya(127MB) By Tomomi Yamada

1. Introduction……………………………………………………………………………p. 1

2. Development of Water Resources in Nepal ………………………………………p. 3

3. General Description of a Glacier Lake ……………………………………………p. 6

4. GLOF in the Nepal Himalaya…………………………………………………………p.11

5. Distribution of Glacier Lakes in the Nepal Himalaya(59MB) …………………………p.19

6. Potentially Dangerous Glacier Lakes Evaluated in the Nepal Himalaya ……p.34

7. Results of the Investigation of Tsho Rolpa(44MB) ……………………………………p.43

8. Possible Countermeasures against GLOF Disaster………………………………p.89

9. Recommendations……………………………………………………………………p.92

References………………………………………………………………………………p.95


BGRバックナンバー

BGR

Bulletin of Glaciorogical Research (2009年以前は Bulletin of Glacier Reseach) の過去の記事を PDF 形式で提供します。

New!!

BGR冊子体バックナンバー頒布のご案内

Back Numbers

Vol.28- (2010-) in J-Stage

以下は雪氷学会旧Webサイトで公開しています.

Vol.27(2009)
Vol.26(2008)
Vol.25(March 2008)
Vol.24(January 2007)
Vol.23(January 2006)
Vol.22(January 2005)
Vol.21(January 2004)
Vol.20(February 2003)
Vol.19(February 2002)
Vol.18(March 2001)
Vol.17(March 2000)
Vol.16(July 1998)
Vol.15(July 1997)
Vol.14(May 1996)
Vol.13(March 1995)
Vol.12(August1994)
Vol.11(July 1993)
Vol.10(April 1992)
Vol.9(April 1991)
Vol.8(May 1990)
Vol.7(March 1989)
Vol.6(March 1988)
Vol.5 (March 1987)
Vol.4 (March 1987)
Vol.3 (March 1985)
Vol.2 (March 1984)
Vol.1 (October 1973)


BGR冊子体バックナンバー頒布のご案内

BGR編集委員会では、オープンアクセスジャーナルへの移行後も、冊子体を2号合本として2年に一度発行しています。
以下の号に在庫がございますので、頒布いたします。
ご希望の方は、雪氷学会事務局までお申し込みください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Vol. 29・30(2011-12) 24冊
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/bgr/29/0/_contents/-char/ja/
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/bgr/30/0/_contents/-char/ja/

Vol. 31・32(2013-14) 43冊
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/bgr/31/0/_contents/-char/ja/
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/bgr/32/0/_contents/-char/ja/

Vol. 33・34(2015-16) 15冊
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/bgr/33/0/_contents/-char/ja/
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/bgr/34/0/_contents/-char/ja/
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※在庫数は2017年11月29日現在の数。

●頒布価格:
会員2,500円、非会員3,000円(送料込み)

●申し込み先:
(公社)日本雪氷学会 事務局
〒162-0801
東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター
TEL:03-5937-0356
FAX:03-3368-2822
e-mail: jimu@seppyo.org

BGR投稿案内

BGR

BGR投稿案内

書類ダウンロード

BGR について

BGR

掲載分野/論文の種類/論文査読・編集プロセス/編集委員会/発刊の趣旨

Bulletin of Glaciological Research (BGR) は日本雪氷学会から刊行される英文の学術雑誌で,これまで世界の30カ国の主要な研究機関に配布されてきました.より多くの人にBGRに掲載された論文を 読んでもらうため,2010年28号よりこれまでの冊子体印刷出版からインターネット上で公開するオープンアクセス電子ジャーナルへと移行しました.これにより受理された論文は迅速にウェブサイト上で公開されます.また読者は論文の閲読,ダウンロード,コピー等,著作権法の範囲内で使用が許可され,現在では50か国で読まれています.このたびBGR誌は,Emerging Source Citation Index(ESCI)に収載されました.これによりBGR誌に掲載された論文は,Web of Science上で検索できることになりました.


掲載分野

■雪崩
■吹雪/地吹雪
■雪氷に関連した気候
■宇宙雪氷
■雪および氷の結晶
■氷河
■着氷雪
■アイスコア解析
■氷床ダイナミックス/モデル
■雪氷水文気象
■凍土
■雪および氷の物理・化学
■海氷
■積雪・降雪・融雪
■雪氷技術
■雪氷災害
■その他雪氷に関連したこと

BGRの論文の種類

原稿はArticleReportReviewのカテゴリーに分けられる.

Article:未発表の研究結果に考察,結論を加えた原著論文
Report:調査・研究結果などの速報性を重視した研究報告 
Review:ある分野のこれまでの研究成果の分析や,将来展望をまとめた総説 
これらはすべて複数の校閲者によって査読される.

BGRの論文査読・編集プロセスについて

1.投稿原稿が編集委員会に届いた場合は編集委員長から受領の連絡がメールで著者に通知される.編集委員長は投稿論文の編集担当者を決め論文が転送される.
2.投稿原稿は内容がBGRに相応しいものか編集委員長および編集担当者によって審査される.内容が適しないもの,投稿規程に沿っていないもの,英文が水準に満たないものは直ちに著者に戻される.
3.予備審査を通過した原稿は受付られ,編集担当者は投稿論文の専門分野の校閲者を選び,査読を依頼する.
4.編集担当者は査読結果を考慮して,その論文の掲載可否,要改稿を著者に通知する.
5.要改稿で著者に戻された論文は3ヶ月以内にその改稿原稿を編集担当者に提出しなければならない.3ヶ月以上たった場合は新規の投稿として受付処理される.
6.編集委員長は最終的にその論文の受理を決定し,著者に文書で通知する.

編集委員会

2019年度より

編集委員長 小杉健二 (委員長)
編集委員   立花義裕
杉浦幸之助
内田努
永塚尚子
渡辺晋生
竹谷敏
谷川朋範
中村和樹
白川龍生
縫村崇行
藤田秀二
渡辺幸一

BGRの発刊趣旨(2000年4月)

昨今の雪氷学の発展にはめざましいものがある。研究開発が活発に行われてきた 防災科学あるいは物質科学としての側面に加えて、最近の地球環境問題の顕在化にともない、 地球科学的側面が大きくクローズアップされてきたこともあって、雪氷学会の活動はますます多岐にわたり、 全国大会の盛況ぶりも非常に喜ばしい。 しかしながら、会誌「雪氷」への投稿論文は多いとは 言い難い。その理由の一つは、「雪氷」は英語で書かれた論文を受け付けるとはいうものの、 英語論文にとってのサーキュレーションは極端に悪いために、英語で論文を書いた会員はそのほとんどが「 雪氷」以外の雑誌に投稿してきたためである。このことは、世界に誇りうる成果であればあるほど、 それが雪氷学会によってではなく他の団体または出版社によって刊行されるという結果を招いてきた。 このため、雪氷学会で英文誌を刊行してほしいという要望が会員の中にあがっていた。 

一方、氷河情報センターでは、「氷河に関連する情報や調査及び研究の論文・報告を掲載する英文誌」として「Bulletin of Glacier Research」を1987年以来12号にわたって毎年1号以上のペースで出版してきた。その間に査読および編集の制度や手順を確立するとともに、諸 外国の研究者にも学術論文誌として一定の評価を受けるに至ってきた。 

そこで雪氷学会では、氷河に関連する情報や調査及び研究の論文・報告を掲載する英文誌」「Bulletin of Glacier Research」を廃止し、かわりに「雪氷に関連する研究や調査をまとめた論文・報告を掲載する英文誌」「Bulletin of Glaciological Research」へと2000年発行の第17巻より衣替えしたものである。 雪氷学会の英文誌として、会員各位の活発な投稿を期待するものである。

BGR編集委員会

BGR

委員(2019-2020)

小杉健二* (委員長)・立花義裕*・杉浦幸之助・内田努・永塚尚子・渡辺晋生・竹谷敏・谷川朋範・中村和樹・白川龍生・縫村崇行・藤田秀二・渡辺幸一(*理事)

BGRについて

委員会の役目

Bulletin of Glaciological Research(英文誌)の編集・刊行に関する事項


『BGR』 ホー ムページ

※Bulletin of Glaciological Research は 日本雪氷学会の電子出版英文学術誌です。

Bulletin of Glaciological Research(BGR)

BGR

Bulletin of Glaciological Research は日本雪氷学会の電子出版英文学術誌です。

Bulletin of Glaciological Research は雪氷に関連する研究や調査をまとめた論文・報告を掲載する公益社団法人日本雪氷学会の英文学術雑誌です.
vol.28よりJ-STAGEに登載されています.

BGR編集委員会

English Page=>Here

 

最近受理された論文

 

最近公開された論文

Research on advanced snow information and its application to disaster mitigation (NIED)

Preface
Yamaguchi, S.
Pages 1-2, BGR 37S (2019)

Study on Advanced Snow Information and its Application to Disaster Mitigation: An overview
Nakai, S., Kosugi, K., Yamaguchi, S., Yamashita, K., Sato, K., Adachi, S., Ito, Y., Nemoto, M., Nakamura, K., Motoyoshi, H., Hirashima, H., Kamiishi, I., Oda, K., Ishizaka, M., Abe, O. and Sato, T.
Pages 3-19, BGR 37S (2019)

An improved snowfall monitoring system developed in central Niigata Prefecture, Japan
Yamashita, K., Nakai., S., Motoyoshi, H. and Ishizaka, M.
Pages 21-30, BGR 37S (2019)

Numerical snowpack model simulation schemes for avalanche prediction in Japan
Hirashima, H.
Pages 31-41, BGR 37S (2019)

Development of a magnetic resonance imaging system for wet snow samples 
Adachi, S., Yamaguchi, S., Ozeki, T. and Kose, K.
Pages 43-51, BGR 37S (2019)

Twenty-year operation of the Cryospheric Environment Simulator
Abe, O. and Kosugi, K.
Pages 53-65, BGR 37S (2019)

Viabilities of long-term cryopreserved CHO-TRET1 cells with trehalose and DMSO
Uchida, T., Furukawa, M., Kikawada, T., Yamazaki, K. and Gohara, K.
Pages 1-9, BGR 37 (2019)

Energy Balance Variation on the Snow Surface during the Snow Covered Season in the Norikura Highland, Japanese Alpine Area
Nishimura, M., Sasaki, A. and Suzuki, K.
Pages 23-35, BGR 36 (2018)

Field activities at the SIGMA-A site, northwestern Greenland Ice Sheet, 2017
Matoba, S., Niwano, M., Tanikawa, T., Iizuka, Y., Yamasaki, T., Kurosaki, Y., Aoki, T., Hashimoto, A., Hosaka, M. and Sugiyama, S.
Pages 15-22, BGR 36 (2018)

A review of passive microwave observations of snow-covered areas over complex Arctic terrain
Alimasi, N.
Pages 1-13, BGR 36 (2018)

Scanning electron microscopic studies on the methane hydrate decomposition using the freeze-fracture replica method
Fujimoto, A. and Sugahara, T.
Pages 39-45, BGR 35 (2017)

Glacier variations of Hielo Patagónico Norte, Chile, over 70 years from 1945 to 2015
Aniya, M.
Pages 19-38, BGR 35 (2017)

Experimental Observations of Two Mountain Glaciers on the Eastern Slope of Mt. Tsurugi by Pi-SAR2 Airborne SAR
Furuya, M., Fukui, K., Iida, H., Kojima, S. and Matsuoka, T.
Pages 7-17, BGR 35 (2017)

Detection of avalanche locations using infrasound array data
Arai, N., Imai, T., Otsuki, M., Saito, Y., Murayama, T. and Iwakuni, M.
Pages 1-6, BGR 35 (2017)

Meteorological and glaciological observations at Suntar-Khayata Glacier No. 31, east Siberia, from 2012-2014
Shirakawa, T., Kadota, T., Fedorov, A., Konstantinov, P., Suzuki, T., Yabuki, H., Nakazawa, F., Tanaka, S., Miyairi, M., Fujisawa, Y., Takeuchi, N., Kusaka, R., Takahashi, S., Enomoto, H. and Ohata, T.
Pages 33-40, BGR 34 (2016)

Temporal changes in snow algal abundance on surface snow in Tohkamachi, Japan
Onuma, Y., Takeuchi, N. and Takeuchi, Y.
Pages 21-31, BGR 34 (2016)

A High-Resolution Continuous Flow Analysis System for Polar Ice Cores
Dallmayr, R., Goto-Azuma, K., Kjær, H.A., Azuma, N., Takata, M., Schüpbach, S. and Hirabayashi, M.
Pages 11-20, BGR 34 (2016)

Glaciological and meteorological observations at the SE-Dome site, southeastern Greenland Ice Sheet
Iizuka, Y., Matoba, S., Yamasaki, T., Oyabu, I., Kadota, M. and Aoki, T.
Pages 1-10, BGR 34 (2016)

Glaciological and meteorological observations at the SIGMA-D site, northwestern Greenland Ice Sheet
Matoba, T., Motoyama, H., Fujita, K., Yamasaki, T., Minowa, M., Onuma, Y., Komuro, Y., Aoki, T., Yamaguchi, S., Sugiyama, S. and Enomoto, H.
Pages 7-14, BGR 33 (2015)

Ratios of Mg2+/Na+ in the snow cover at Murododaira, Mt. Tateyama, Japan: On the possibility of an indicator of chemical leaching
Watanabe, K., Hirai, T. and Kawada, K.
Pages 1-5, BGR 33 (2015)

Special Issue on the “Snow Impurity and Glacial Microbe effects on abrupt warming in the Arctic” (SIGMA) Project

Preface
Aoki, T.
Pages 1-2, BGR 32 (2014)

Field activities of the “Snow Impurity and Glacial Microbe effects on abrupt warming in the Arctic” (SIGMA) Project in Greenland in 2011–2013
Aoki, T., Matoba, S., Uetake, J., Takeuchi N. and Motoyama H.
Pages 3-20, BGR 32 (2014)

Light-absorbing snow impurity concentrations measured on Northwest Greenland ice sheet in 2011 and 2012
Aoki, T., Matoba, S., Yamaguchi, S., Tanikawa, T., Niwano, M., Kuchiki, K., Adachi, K., Uetake, J., Motoyama, H. and Hori, M.
Pages 21-31, BGR 32 (2014)

Dependence of thermal infrared emissive behaviors of snow cover on the surface snow type
Hori, M., Aoki, T., Tanikawa, T., Kuchiki, K., Niwano, M., Yamaguchi, S. and Matoba, S.
Pages 33-45, BGR 32 (2014)

Effects of temperature and grain type on time variation of snow specific surface area
Hachikubo, A., Yamaguchi, S., Arakawa, H., Tanikawa, T., Hori, M., Sugiura, K., Matoba, S., Niwano, M., Kuchiki, K. and Aoki, T.
Pages 47-53, BGR 32 (2014)

Application of snow specific surface area measurement using an optical method based on near-infrared reflectance around 900-nm wavelength to wet snow zones in Japan
Yamaguchi, S., Motoyoshi, H., Tanikawa, T., Aoki, T., Niwano, M., Takeuchi, Y. and Endo, Y.
Pages 55-64, BGR 32 (2014)

Evaluation of updated physical snowpack model SMAP
Niwano, M., Aoki, T., Kuchiki, K., Hosaka, M., Kodama, Y., Yamaguchi, S., Motoyoshi, H. and Iwata, Y.
Pages 65-78, BGR 32 (2014)

Spatial variations of δ18O and ion species in the snowpack of the northwestern Greenland ice sheet
Matoba, S., Yamasaki, T., Miyahara, M. and Motoyama, H.
Pages 79-84, BGR 32 (2014)

Spatial variations in impurities (cryoconite) on glaciers in northwest Greenland
Takeuchi, N., Nagatsuka, N., Uetake, J. and Shimada, R.
Pages 85-94, BGR 32 (2014)

Glaciological observations in 2012 and 2013 at SIGMA-A site, Northwest Greenland
Yamaguchi, S., Matoba, S., Yamazaki, T., Tsushima, A., Niwano, M., Tanikawa T. and Aoki, T.
Pages 95-105, BGR 32 (2014)

Mineralogical composition of cryoconite on glaciers in northwest Greenland
Nagatsuka, N., Takeuchi, N., Uetake, J. and Shimada, R.
Pages 107-114, BGR 32 (2014)