現在位置: ホーム ニュース

ニュース

中谷宇吉郎科学奨励賞・受賞候補者の募集の締切近し(10月14日)

雪氷学会員の皆様 若手を対象とした中谷宇吉郎科学奨励賞の受賞候補者の応募締め切り(10月14日)が 迫ってきましたので、お知らせします。ふるってご応募ください。詳細については、 先月9月21日の(m ...


雪氷学会員の皆様

若手を対象とした中谷宇吉郎科学奨励賞の受賞候補者の応募締め切り(10月14日)が
迫ってきましたので、お知らせします。ふるってご応募ください。詳細については、
先月9月21日の(member announce 2061)をご覧ください。

                           雪氷学会・学術委員長 
大畑哲夫







第32回北方圏国際シンポジウムの案内

日本雪氷学会の皆様 お知らせ  第32回北方圏国際シンポジウムが 「オホーツク海と流氷」をテーマに 2017年2月19日(日)から22日(水)まで、 北海道紋別市で開かれます。 興味のある方、研究 ...


日本雪氷学会の皆様

お知らせ
 第32回北方圏国際シンポジウムが
「オホーツク海と流氷」をテーマに
2017年2月19日(日)から22日(水)まで、
北海道紋別市で開かれます。

興味のある方、研究発表をしようと思っている方は
http://www.o-tower.co.jp/okhsympo/top-index.htm
を参照ください。

               雪氷学会総務 小西啓之





【再送】雪氷研究大会(2016・名古屋)アンケートのお願い

雪氷研究大会(2016・名古屋)アンケートのお願い 皆さま:実行委員会の矢吹です。 皆さまには雪氷研究大会(2016・名古屋)にご参加いただきありがとうございます。 今回は新たな試みを多く行いまし ...


雪氷研究大会(2016・名古屋)アンケートのお願い

皆さま:実行委員会の矢吹です。

皆さまには雪氷研究大会(2016・名古屋)にご参加いただきありがとうございます。
今回は新たな試みを多く行いました。
来年度以降の大会実施の参考にいたしますので、皆さまのご意見をお願いします。
下記にアンケートフォームを作成しましたので、皆さまご協力お願いします。

https://goo.gl/forms/WEbNYsgrS93Hefm33


--
矢吹裕伯
Hironori Yabuki

National Institute of Polar Research (NIPR)
Arctic Environment Research Center (AERC)
10-3 Midori-cho, Tachikawa-shi, Tokyo, 190-8518 Japan
URL: https://ads.nipr.ac.jp/


海洋研究開発機構(JAMSTEC) 北極環境変動総合研究センター 北極化学物質循環研究ユニット 特任技術職公募

国立研究開発法人海洋研究開発機構 北極環境変動総合研究センター 北極化学物質循環研究ユニットでは、 下記の公募を行っております。 詳しくはリンクをご参照ください。 北極環境変動総合研究センター 北極 ...


国立研究開発法人海洋研究開発機構
北極環境変動総合研究センター 北極化学物質循環研究ユニットでは、
下記の公募を行っております。
詳しくはリンクをご参照ください。

北極環境変動総合研究センター
北極化学物質循環研究ユニット
特任技術職 1名

http://www.jamstec.go.jp/recruit/details/iace20161104.html
http://www.jamstec.go.jp/e/about/recruit/iace_20161104.html

※締め切りは平成28年11月4日(金)

【問い合わせ先】
国立研究開発法人海洋研究開発機構
人事部人事第2課
jinji2 _at_ jamstec.go.jp





学会誌「雪氷」雪氷物性特集号の原稿募集について、再送

日本雪氷学会会員の皆様。 八久保 晶弘@北見工業大学・雪氷物性分科会長です。 雪氷物性分科会では学会誌「雪氷」の雪氷物性特集号を企画中です。 先日の雪氷研究大会期間中に開催された分科会総会にて相談し ...


日本雪氷学会会員の皆様。

八久保 晶弘@北見工業大学・雪氷物性分科会長です。
雪氷物性分科会では学会誌「雪氷」の雪氷物性特集号を企画中です。
先日の雪氷研究大会期間中に開催された分科会総会にて相談した結果、
10/31(月)の投稿〆切を12/31 (土)に延長することとなりました。
それならば間に合う、投稿してみようか、と考えておられる方が
もしいらっしゃいましたら、以下の情報について八久保まで
連絡いただければ幸いです。

送付先:hachi _at_ mail.kitami-it.ac.jp
--------------------------------------------------------
・お名前、所属

・予定題名

・原稿種類(論文、研究ノート、報告、解説、総説)
--------------------------------------------------------

以上、どうかよろしくお願い致します。

_____________________________________________________________
八久保 晶弘 Akihiro HACHIKUBO
北見工業大学 研究推進機構 基盤研究推進本部
環境・エネルギー研究推進センター
Environmental and Energy Resources Research Center
Kitami Institute of Technology
〒090-8507 北見市公園町165
FAX: 0157-26-9534 Tel: 0157-26-9522
E-mail :



忘れ物3件

雪氷研究大会に参加された方へ 先日は研究大会、楽会への参加ありがとうございました。 忘れ物が3件ありましたので、お知らせします。 1.マイク C会場(野依) 2.メモ帳 C会場(野依) 3. ...


雪氷研究大会に参加された方へ

先日は研究大会、楽会への参加ありがとうございました。

忘れ物が3件ありましたので、お知らせします。

1.マイク C会場(野依)

2.メモ帳 C会場(野依)

3.筒 A会場(シンポジオンホール)

お心当たりの方は、坂井まで住所も合わせてお知らせ下さい。

すみませんが、着払いでお送りさせていただきます。

さかい

--
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Akiko SAKAI
tel&fax:+81-(0)52-789-3481
Kyoyokan 208, Graduate School of Environmental Studies, Nagoya University, Chikusa-ku, Nagoya 464-8601, Japan

坂井亜規子 
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 名古屋大学大学院環境学研究科 環境共用館206 
  tel&fax:052-789-3481
  mail:shakai _at_ nagoya-u.jp
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


-------------- next part --------------
テキスト形式以外の添付ファイルを保管しました...
ファイル名: 忘_マイク.jpg
型: image/jpeg
サイズ: 87022 バイト
説明: 無し
URL: <http://www.seppyo.org/mailman/private/member-announce/attachments/20161003/210823fa/attachment.jpg>

-------------- next part --------------
テキスト形式以外の添付ファイルを保管しました...
ファイル名: 忘_メモ帳.jpg
型: image/jpeg
サイズ: 73726 バイト
説明: 無し
URL: <http://www.seppyo.org/mailman/private/member-announce/attachments/20161003/210823fa/attachment-0001.jpg>

-------------- next part --------------
テキスト形式以外の添付ファイルを保管しました...
ファイル名: 忘_筒.jpg
型: image/jpeg
サイズ: 67457 バイト
説明: 無し
URL: <http://www.seppyo.org/mailman/private/member-announce/attachments/20161003/210823fa/attachment-0002.jpg>


雪氷研究大会(2016・名古屋)アンケートのお願い

皆さま:実行委員会の矢吹です。 皆さまには雪氷研究大会(2016・名古屋)にご参加いただきありがとうございます。 まだ研究大会は終了していませんが、今回は新たな試みを多く行いました。 来年度以降の大 ...


皆さま:実行委員会の矢吹です。

皆さまには雪氷研究大会(2016・名古屋)にご参加いただきありがとうございます。
まだ研究大会は終了していませんが、今回は新たな試みを多く行いました。
来年度以降の大会実施の参考にいたしますので、皆さまのご意見をお願いします。
下記のにアンケートフォームを作成しましたので。皆さまご協力お願いします。

https://goo.gl/forms/WEbNYsgrS93Hefm33


--
矢吹裕伯
Hironori Yabuki

National Institute of Polar Research (NIPR)
Arctic Environment Research Center (AERC)
10-3 Midori-cho, Tachikawa-shi, Tokyo, 190-8518 Japan
URL: https://ads.nipr.ac.jp/


【SCJ】日本学術会議ニュース・メールNo.563

公益社団法人 日本雪氷学会員の皆様 日本学術会議事務局よりニュース・メールNo. 563が届けられていますのでお知らせします。 なお、バックナンバーをご覧になりたい方は以下のサイトをご覧ください。 ...


公益社団法人 日本雪氷学会員の皆様

日本学術会議事務局よりニュース・メールNo. 563が届けられていますのでお知らせします。

なお、バックナンバーをご覧になりたい方は以下のサイトをご覧ください。
http://www.scj.go.jp/ja/other/news/index.html

総務委員 兒玉


======================================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.563 ** 2016/9/30
======================================================================
■--------------------------------------------------------------------
第16回グリーン・サステイナブル ケミストリー賞について(ご案内)
---------------------------------------------------------------------■
第16回グリーン・サステイナブル ケミストリー賞について、推薦依頼があり
ましたのでお知らせいたします。会員・連携会員の皆様がご推薦できる賞です
ので、同賞にふさわしいと考えられる研究者がいらっしゃいましたら、ご推薦
をお願いします。推薦要領につきましては、以下のホームページでご確認くだ
さい。

○グリーン・サステイナブル ケミストリー賞:人と環境にやさしく、持続可能
な社会の発展を支える化学及び化学技術であるグリーン・サステイナブル ケミ
ストリーの推進に貢献した業績を顕彰する賞です。
〆切は平成28年11月18日(金)必着。
http://www.jaci.or.jp/gscn/page_03.html

★-------------------------------------------------------------------☆
日本学術会議では、Twitterを用いて情報を発信しております。
アカウントは、@scj_info です。
日本学術会議広報のTwitterのページはこちらから
http://twitter.com/scj_info
***********************************************************************
学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/doukou_new.html
***********************************************************************
=======================================================================
日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術誌等へ
の転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多くの方にお読み
いただけるようにお取り計らいください。
本メールは、配信専用のアドレスで配信されており返信できませんので、あ
らかじめご了承ください。本メールに関するお問い合わせは、下記のURLに連
絡先の記載がありますので、そちらからお願いいたします。
=======================================================================
発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34


雪氷研究大会衛星観測分科会総会のご案内

雪氷学会ならびに衛星観測分科会の皆様: (重複して受け取られる方は,ご容赦ください) 衛星観測分科会幹事の谷川です. 雪氷研究大会(2016・名古屋)において, 雪氷学会衛星観測分科会の総会を下記 ...


雪氷学会ならびに衛星観測分科会の皆様:
(重複して受け取られる方は,ご容赦ください)

衛星観測分科会幹事の谷川です.

雪氷研究大会(2016・名古屋)において,
雪氷学会衛星観測分科会の総会を下記の要領で開催いたします.
分科会会員の方,分科会の活動内容等にご興味をお持ちの方は
ぜひお集まり下さるようお願いいたします.

          記

1. 日時: 2016年10月1日(土)12:15~12:45
2. 場所: 名古屋大学環境総合館3階第1講義室
3. 総会
(1) 2015年度事業報告
(2) 今年度の事業計画
(3) 意見交換
・「雪氷」特集号について
・今年度実施されるスペシャルセッション
・次回以降のスペシャルセッションに関して
(4) その他
・JAXA研究公募の案内
・利用可能な衛星情報の紹介
・衛星データや検証データに対するADSの利便性の紹介

なお,総会のあと,
13:30より,A会場(豊田講堂1階シンポジオンホール)にて
スペシャルセッション(SP14)「衛星光学センサが拓く雪氷学の未来」
が開催されます.
こちらもあわせてご参加くださるよう
お願いいたします.

----
谷川朋範 
気象研究所気候研究部第六研究室
305-0052茨城県つくば市長峰1-1
Tel.:+81-29-853-8715, Fax.: +81-29-855-6936
http://www.mri-jma.go.jp/Dep/cl/cl6/index.html





第48回雪氷談話会のお知らせ(10/31,北見工業大学)

雪氷学会の皆様 亀田です。  北見工業大学雪氷研究推進ユニットでは10月31日(月)午後5時より第48回 雪氷談話会を開催いたしますので,お知らせします。  今回は,「北極海と南極海の海氷 ...



雪氷学会の皆様


亀田です。


 北見工業大学雪氷研究推進ユニットでは10月31日(月)午後5時より第48回
雪氷談話会を開催いたしますので,お知らせします。

 今回は,「北極海と南極海の海氷研究」と題して,3名の方にご講演いただ
くことになりました。
 講演会終了後には講師の方々を囲んで,居酒屋で懇親会を開く予定ですので,
懇親会に参加ご希望の方は,10月21日(金)までに亀田までご連絡ください
(kameda _at_ mail.kitami-it.ac.jp)。会費は3000円くらいを想定していま
す。なお,本メールはご自由に転送していただいて結構です。

第48回雪氷談話会
日時:2016年10月31日(月) 17:00〜19:00
場所:北見工業大学多目的講義室(第1総合研究棟2F)
・夏期の海氷域と冬季カナダ西部でのArctic outflow event
            松村寛一郎(東京農業大学准教授)
・南極海におけるAMSR2を用いた融解期の海氷厚推定アルゴリズムの開発
        星野聖太(北見工業大学大学院博士後期課程2年)
・夏期北極海における衛星搭載型マイクロ波放射計データを用いた
  メルトポンド割合推定アルゴリズムの開発
        田中康弘(北見工業大学大学院博士後期課程4年)

※北見工大雪氷研究推進ユニット主催の「雪氷談話会」は雪氷や寒冷地に関する
研究や話題を紹介することにより、お互いの研究情報相互連絡をはかること
 を趣旨としております。

※ご関心のある方は誰でも無料で参加できます。学生さんの積極的な参加も待っ
ています。


●懇親会出席に関しての亀田への連絡用紙
--------------------------------------
氏名: 
懇親会に参加する 
 
--------------------------------------

以上,


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
亀田貴雄(Takao KAMEDA)
kameda _at_ mail.kitami-it.ac.jp

〒090-8507
北海道北見市公園町165番地
北見工業大学社会環境工学科雪氷研究室
 TEL:0157-26-9506
 FAX:0157-25-8772
Web: http://cee.civil.kitami-it.ac.jp/study/seppyou-kagaku/
Web: http://www.yukimarimo.com/

Prof. Takao Kameda
Snow and Ice Research Laboratory
Department of Civil and Environmental Engineering
Kitami Institute of Technology
165, Koencho, Kitami, Hokkaido 090-8507 JAPAN
TEL:+81 157 26 9506
FAX:+81 157 25 8772
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


雪氷研究大会2016プログラム委員会からのお知らせ

日本雪氷学会の皆さま、日本雪工学会会員の皆さま 来週水曜日から雪氷研究大会が開催されます。 プログラム委員会から3つのお知らせとお願いがあります。 1.二日目のポスター発表展示終了時間の変更(1 ...


日本雪氷学会の皆さま、日本雪工学会会員の皆さま


来週水曜日から雪氷研究大会が開催されます。
プログラム委員会から3つのお知らせとお願いがあります。

1.二日目のポスター発表展示終了時間の変更(18:00→17:00)
 研究技術交流会準備のためポスターボードの撤収を行いますが、時間がかかるので9月30日(金)のポスターセッション2発表時間の終了時刻を要旨集に記載されているよりも一時間早く17:00とします。ポスターセッションの展示時間が短縮されることで、ご迷惑をかけるかと思いますが、ご了承ください、

2.口頭発表の時間厳守について
 口頭発表については一部のスペシャルセッションを除いて15分となっていますが、これは質疑応答、発表者交代、パソコン準備などの時間がすべて組み込んだ時間です。セッション中やセッション交代のときの休憩時間もありませんので、時間に余裕を持った発表をお願いします。

3.ポスター発表終了後のポスター回収の徹底
 会場にはゴミ箱がなく、学内のゴミ袋は環境税的な課金がされ、大変高額になります。このため、いわゆる「貼りっぱなし」をされると、廃棄処分についての金銭的な負担が生じますので、ポスター発表終了後にポスター回収を徹底して下さい。


ご理解とご協力をよろしくお願いします。



プログラム委員会幹事 本山

--
Motoyama, Hideaki
National Institute of Polar Research (C615)
Midori-cho 10-3, Tachikawa-shi
190-8518 Tokyo, Japan
tel: 042-512-0680 or -0686, fax: 042-528-3497
mobile: 080-3422-2891


雪氷研究大会2016_ポスター発表者へのお願い

雪氷研究大会(2016・名古屋)にてポスター発表する皆様 来週水曜日から雪氷研究大会が開催されます。 このポスター発表について、大会実行委員会の会場係からポスター撤収の徹底についてのお願いがありま ...


雪氷研究大会(2016・名古屋)にてポスター発表する皆様


来週水曜日から雪氷研究大会が開催されます。
このポスター発表について、大会実行委員会の会場係からポスター撤収の徹底についてのお願いがありますのでご協力をよろしくお願いします。

----------------------------
ポスター発表のポスター撤収の徹底をお願いします。会場にはゴミ箱がありません。
学内のゴミ袋は環境税的な課金がされており、大変高額です。このため、いわゆる「貼りっぱなし」をされると私どもの研究室に処分費用の負担がいくことになります。
-----------------------------


ご理解とご協力をよろしくお願いします。


プログラム委員会幹事 本山

--
Motoyama, Hideaki
National Institute of Polar Research (C615)
Midori-cho 10-3, Tachikawa-shi
190-8518 Tokyo, Japan
tel: 042-512-0680 or -0686, fax: 042-528-3497
mobile: 080-3422-2891


中谷宇吉郎科学奨励賞・受賞候補者の募集(10月14日締切)

雪氷学会員の皆様 中谷宇吉郎科学奨励賞の受賞候補者を以下のように募集いたしますので、ふるって応募ください。                            雪氷学会・学術委員長 大畑哲夫 ...


雪氷学会員の皆様

中谷宇吉郎科学奨励賞の受賞候補者を以下のように募集いたしますので、ふるって応募ください。

                           雪氷学会・学術委員長 大畑哲夫

**********************************************************
平成28年度中谷宇吉郎科学奨励賞の受賞候補者の募集要領
石川県加賀市が、科学の振興に寄与するため、標記の賞の表彰を毎年行っています。そのうち、雪氷学の分野で日本を代表する大学院生等若手研究者を当学会が毎年1名、同市教育委員会に推薦することになっています。この対象者は、「雪」「氷」の研究に取り組み、国際会議等で優秀な研究発表を行い、将来においても雪氷学の研究に携わる意欲のある者とされています。つきましては、次に該当すると思われる方の自薦を公募します。また、該当者にお心あたりのある方は、当人に応募を奨めてください。受賞者は 当学会の学会賞審査委員会で選考されます。なお、選考された方は来年2月に中谷宇吉郎雪の科学館での表彰式に参加していただくことになっています。

対象者:大学院生、研究生または特別研究員その他、概ね30才以下の雪氷学研究者で優れた修士論文、博士論文またはそれらと同等の論文、あるいは国際学会等で既に発表もしくはこれから発表する論文を有する方。

応募方法:氏名、所属、身分、生年月日、略歴、学位、応募者についての照会先2名の氏名・連絡先を記載し、自薦書(400字〜800字)、該当論文(pdfで)とその要旨(参考論文があればそのリスト)を添えて、平成28年10月14日(金)12時までに下記へメールにて提出してください。

提出先:雪氷学会・学術委員長 大畑哲夫(ohata.tetsuo _at_ nipr.ac.jp)
******************************************************************







雪氷研究大会(2016・名古屋)_雪氷化学分科会のご案内

雪氷学会の皆様、雪氷化学分科会の皆様 (重複して受け取られる方は、ご容赦ください) 大変お世話になっています。 雪氷化学分科会、渡辺(富山県立大)です。 雪氷研究大会(2016・名古屋)において ...


雪氷学会の皆様、雪氷化学分科会の皆様
(重複して受け取られる方は、ご容赦ください)

大変お世話になっています。
雪氷化学分科会、渡辺(富山県立大)です。

雪氷研究大会(2016・名古屋)において開催される「雪氷化学分科会」について、
下記のとおりご案内申し上げます。


           記

日本雪氷学会 雪氷化学分科会
日時:9月30日(金)12:00〜13:30
場所:C会場:野依記念学術交流館2階カンファレンスホール

■総会

1. 話題提供
「新潟県十日町市の積雪における雪氷藻類の季節変化とその繁殖要因について」
大沼 友貴彦(千葉大学)

2. 事業報告

3. 今年度の事業計画

4. その他


皆様の参加をお待ちしています。


***************************************
渡辺幸一
富山県立大学工学部 環境工学科
〒939-0398 富山県射水市黒河5180
TEL:0766-56-7500(内713)
e-mail:nabe _at_ pu-toyama.ac.jp
***************************************







Re: 雪氷研究大会(2016・名古屋)_雪氷化学分科会のご案内

雪氷学会の皆様、雪氷化学分科会の皆様 (重複して受け取られる方は、ご容赦ください) 度々失礼します。 雪氷化学分科会、渡辺(富山県立大)です。 「雪氷化学分科会」総会の会場「野依記念学術交流館2 ...


雪氷学会の皆様、雪氷化学分科会の皆様
(重複して受け取られる方は、ご容赦ください)

度々失礼します。
雪氷化学分科会、渡辺(富山県立大)です。

「雪氷化学分科会」総会の会場「野依記念学術交流館2階カンファレンスホール」
では飲食ができませんのでご了解お願いいたします。

よろしくお願いします。


***************************************
渡辺幸一
富山県立大学工学部 環境工学科
〒939-0398 富山県射水市黒河5180
TEL:0766-56-7500(内713)
e-mail:nabe _at_ pu-toyama.ac.jp
***************************************

----- Original Message -----
> 雪氷学会の皆様、雪氷化学分科会の皆様
> (重複して受け取られる方は、ご容赦ください)
>
> 大変お世話になっています。
> 雪氷化学分科会、渡辺(富山県立大)です。
>
> 雪氷研究大会(2016・名古屋)において開催される「雪氷化学分科会」につい
て、
> 下記のとおりご案内申し上げます。
>
>
>            記
>
> 日本雪氷学会 雪氷化学分科会
> 日時:9月30日(金)12:00〜13:30
> 場所:C会場:野依記念学術交流館2階カンファレンスホール
>
> ■総会
>
> 1. 話題提供
> 「新潟県十日町市の積雪における雪氷藻類の季節変化とその繁殖要因について」
> 大沼 友貴彦(千葉大学)
>
> 2. 事業報告
>
> 3. 今年度の事業計画
>
> 4. その他
>
>
> 皆様の参加をお待ちしています。
>
>
> ***************************************
> 渡辺幸一
> 富山県立大学工学部 環境工学科
> 〒939-0398 富山県射水市黒河5180
> TEL:0766-56-7500(内713)
> e-mail:nabe _at_ pu-toyama.ac.jp
> ***************************************
>
>
>
>
>




日本雪氷学会雪崩分科会・日本雪工学会 雪崩防災委員会 合同分科会、雪崩分科会総会のご案内

日本雪氷学会の皆様 ■ 雪氷研究大会 (2016・名古屋)日本雪氷学会雪崩分科会・日本雪工学会 雪崩防 災委員会 合同分科会、雪崩分科会総会のご案内 日本雪氷学会雪崩分科会幹事長の中村です。 近年の ...


日本雪氷学会の皆様

■ 雪氷研究大会 (2016・名古屋)日本雪氷学会雪崩分科会・日本雪工学会 雪崩防
災委員会 合同分科会、雪崩分科会総会のご案内
日本雪氷学会雪崩分科会幹事長の中村です。
近年の雪崩災害を振り返り今後の対策の参考にすることを目的に,日本雪氷学会雪崩
分科会・日本雪工学会雪崩防災委員会合同分科会を開催いたします.
関心のある方のご参加をお待ちしております.

日時:10月1日(土)12:00〜13:30
場 所:名古屋大学東山キャンパスB会場 豊田講堂3階 第1会議室
なお「雪崩分科会」総会の会場「B会場(豊田講堂/3階 第1会議室)」では飲食がで
きませんのでご了解お願いいたします.13時前には終了し,昼食を取っていただくよ
うにします.

■合同分科会
(1)話題提供
 雪崩ダイナミクス,シミュレーションについて会員から研究活動の報告
 名古屋大学西村浩一教授,株式会社雪研スノーイーターズ齋藤佳彦氏
(2)意見交換
・今年度実施したスペシャルセッションSP17:低気圧接近通過時の降雪結晶と雪崩と
の関連について(雪崩分科会,雪崩防災委員会),SP18:雪崩対策技術における現状
と課題(雪崩防災委員会)に関して
・次回以降のスペシャルセッションに関して
 今回実施した内容や話題提供の内容も踏まえ、次回以降のスペシャルセッションに
ついて議論
(3)その他

■雪崩分科会総会
1. 2015年度事業報告
2. 2015年度会計報告
3. 2015年度監査報告
4. 2016年度事業計画
5. 2016年度会計計画
6. 第27回雪崩対策基礎技術研修会の開催協力
7. 雪崩分科会会費徴収の廃止に関わる内規の改定提案
8. その他

※総会の実施日である10月1日の夕刻から懇親会を予定しております.場所は総会時
にお知らせします.

【参考:関連スペシャルセッション】
SP18:雪崩対策技術における現状と課題(雪崩防災委員会)
9月30日(金)15:00〜16:30 A会場 (豊田講堂/1階 シンポジオンホール)

SP17:低気圧接近通過時の降雪結晶と雪崩との関連について(雪崩分科会・雪崩防災
委員会)
10月1日(土)10:30〜12:00 B会場(豊田講堂/3階 第1会議室)

〒305-0006 茨城県つくば市天王台3−1
国立研究開発法人
防災科学技術研究所
気象災害軽減イノベーションセンター
中村一樹
e-mail kazuki.snow_at_ bosai.go.jp
電話 029-863-7291
FAX 029-863-7299



雪氷研究大会_吹雪分科会総会のご案内

雪氷学会ならびに吹雪分科会の皆様: (重複して受け取られる方は、ご容赦ください) 防災科研・雪氷防災研究センター(新庄)の根本です。 (吹雪分科会幹事)  雪氷研究大会(2016・名古 ...


雪氷学会ならびに吹雪分科会の皆様:
(重複して受け取られる方は、ご容赦ください)

防災科研・雪氷防災研究センター(新庄)の根本です。
(吹雪分科会幹事)

 雪氷研究大会(2016・名古屋)において、雪氷学会吹雪分科会の総会を
下記の要領で開催いたします。
 分科会会員の方、分科会の活動内容等にご興味をお持ちの方は、是非、
お集まり下さるよう、お願いいたします。



1. 日時: 2015年9月29日(木)18:00~19:30
2. 場所: 名古屋大学
B会場: 豊田講堂3階 第1会議室

3. 総 会
(1) 事業報告
(2) 今年度の事業計画
(3) 意見交換
・「雪氷」吹雪特集号に関して
・今年度実施されるスペシャルセッション(SP15)
「吹雪予測の現状と課題」に関して
・次回以降のスペシャルセッションに関して
(4) その他

分科会・総会終了後、懇親会を開催いたします。
(詳細は当日ご案内します)


【参考】
スペシャルセッション(SP15)「吹雪予測の現状と課題」
9月29日(木)16:30~18:00
B会場 (豊田講堂3階 第1会議室)

***********************************************************
根本 征樹 NEMOTO Masaki
防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター 新庄雪氷環境実験所
〒996-0091 山形県新庄市十日町高壇1400
Tel:0233-23-8004 (直通)
0233-22-7550 (代表)
FAX:0233-23-3353
E-mail:mnemoto _at_ bosai.go.jp


***********************************************************
NEMOTO Masaki
Snow and Ice Research Center
National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience
1400 Tokamachi, Shinjo, Yamagata 996-0091, Japan
Tel: +81-233-23-8004
FAX: +81-233-22-7554
E-mail: mnemoto _at_ bosai.go.jp
http://www.bosai.go.jp/seppyo/



雪氷楽会におけるボランティア追加募集について

雪氷研究大会へご参加予定の皆様、 雪氷楽会担当メンバーの縫村です。 先日のMLにてお知らせした雪氷楽会ボランティアですが、現在のところ7名しか集まっておりません。 本日を申し込み締め切り ...


雪氷研究大会へご参加予定の皆様、


雪氷楽会担当メンバーの縫村です。
先日のMLにてお知らせした雪氷楽会ボランティアですが、現在のところ7名しか集まっておりません。
本日を申し込み締め切りとしておりましたが、来週いっぱいまで申し込み受付させていただきますので、改めて参加のご検討をお願い致します。
また、大学および大学院所属の研究者の方々には学生・院生のみなさまにも参加をおすすめいただければ幸いです。



雪氷楽会・子どもと雪氷を楽しむ会
日時:2016年10月2日(日) 9:00-16:00(入場開始10:00です)
会場:豊田記念講堂1階ホワイエ
https://sites.google.com/site/2016jcsir/xue-bing-le-hui

今年は、一般向け講演会を同じ会場で同時開催しておりますので、多数の来場者が見込まれます。多くの方のご協力をお願いいたします。
終了後には、懇親会を予定しております。

ボランティアとして参加してもいいよ、という方は、雪氷楽会担当まで、お名前・所属をメールでご連絡ください。
雪氷楽会担当 SeppyoRakkai2016 _at_ googlegroups.com



以上よろしくお願いいたします。




--
Takayuki NUIMURA
Department of Environmental Risk and Crisis Management,
Faculty of Risk and Crisis Management,
Chiba Institute of Science
15-8 Shiomi-cho, Choshi, Chiba 288-0025
Phone:0479-30-4536

縫村崇行
千葉科学大学・危機管理学部・環境危機管理学科
〒288-0025 千葉県銚子市潮見町15-8
Phone:0479-30-4536

E-mail: tnuimura _at_ cis.ac.jp
Skype: t_nuimura


BGR:最近受理された論文のご案内

皆様 BGR編集副委員長の内田です。 BGRに最近受理された以下の論文3編がJ-stageにアップロードされましたのでお 知らせします。 Dallmary, R., Goto-Azu ...


皆様

BGR編集副委員長の内田です。
BGRに最近受理された以下の論文3編がJ-stageにアップロードされましたのでお
知らせします。

Dallmary, R., Goto-Azuma, K., Kjær, H.A., Azuma, N., Takata, M., Schü
pbach, S. and Hirabayashi, M. (2016): A High-Resolution Continuous Flow
Analysis System for Polar Ice Cores. Bull. Glaciol. Res., 34, 11-20,
doi: 10.5331/bgr.16R03.

Onuma, Y., Takeuchi, N. and Takeuchi, Y. (2016): Temporal changes in
snow algal abundance on surface snow in Tohkamachi. Japan, Bull. Glaciol.
Res., 34, 21-31, doi: 10.5331/bgr.16A02.

Shirakawa, T., Kadota, T., Fedorov, A., Konstantinov, P., Suzuki, T.,
Yabuki, H., Nakazawa, F., Tanaka, S., Miyairi, M., Fujisawa, Y.,
Takeuchi, N., Kusaka, R., Takahashi, S., Enomoto, H. and Ohata, T. (2016)
: Meteorological and glaciological observations at Suntar-Khayata
Glacier No. 31, east Siberia, from 2012-2014. Bull. Glaciol. Res., 34,
33-40, doi: 10.5331/bgr.16R01.


J-Stage
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/bgr

皆様からの投稿をお待ちしております。

*********************************************
Tsutomu Uchida
Associate Professor
Division of Applied Physics
Faculty of Engineering
Hokkaido University
N13W8 Kita-ku, Sapporo, Hokkaido 060-8628, Japan
tel&fax: +81-11-706-6635
e-mail: t-uchida _at_ eng.hokudai.ac.jp
*********************************************


【SCJ】日本学術会議ニュース・メールNo.560

公益社団法人 日本雪氷学会員の皆様 日本学術会議事務局よりニュース・メールNo. 560が届けられていますのでお知らせします。 なお、バックナンバーをご覧になりたい方は以下のサイトをご覧ください。 ...


公益社団法人 日本雪氷学会員の皆様

日本学術会議事務局よりニュース・メールNo. 560が届けられていますのでお知らせします。

なお、バックナンバーをご覧になりたい方は以下のサイトをご覧ください。
http://www.scj.go.jp/ja/other/news/index.html

総務委員 兒玉

======================================================================
** 日本学術会議ニュース・メール ** No.560 ** 2016/9/9
======================================================================
■--------------------------------------------------------------------
「第3回イノベーター・オブ・ザ・イヤー」、「日経アジア賞」、
「第30回ファリズミ国際賞」について(ご案内)
---------------------------------------------------------------------■
以下の各賞について、推薦依頼がありましたためお知らせいたします。
会員・連携会員の皆様がご推薦できる賞ですので、各賞にふさわしいと考えら
れる研究者がいらっしゃいましたら、ご推薦をお願いします。各賞の推薦要領
につきましては、以下のホームページでご確認ください。

---------------------------------------------------------------------
○第3回「イノベーター・オブ・ザ・イヤー」:臨床研究、基礎研究、トランス
レーショナルリサーチ等、幅広い医療分野での研究に従事する方々の中から、
イノベーションの推進に著しく貢献された方を顕彰することを目的としています。

締切は平成28年(2016年)9月30日(金)必着。
http://innovator-of-the-year.com/

---------------------------------------------------------------------
○日経アジア賞:アジアの地域づくりや継続的な発展に貢献した人や団体に光
をあてることを目的に、経済、科学技術、文化・社会の各分野の業績を顕彰す
る賞です。なお、受賞資格があるのは日本を除くアジア地域の個人・団体です。

〆切は平成28年(2016年)10月31日(土)。
http://www.nikkei-events.jp/asiaprizes/guideline/index.html

---------------------------------------------------------------------
○第30回ファリズミ国際賞(Khwarizmi International Award):
以下の15分野における応用研究、基礎研究、研究開発、発明・技術革新が対象
とされている国際賞です。
Aerospace (航空宇宙)、Civil Engineering (土木工学)、Mechanics (力学)、
Agriculture, Natural Resources, Animal Sciences & Veterinary Medicine
(農業、天然資源、動物科学・獣医学)、Electrical& Computer(電気・コンピ
ュータ)、Mechatronics(機械電子工学)、Basic Sciences(基礎科学)、
Industry & Technology Management(産業・技術経営)、Medical Sciences
(医学)、Biotechnology, Environment & Basic Medical Sciences(バイオテク
ノロジー、環境・基礎医学)、Information Technology(情報技術)、
Nanotechnology (ナノテクノロジー)、Green Technology (環境保全技術)、
Chemical Technology (化学技術)、Material & Metallurgy (材料・冶金)

〆切は平成28年(2016年)11月10日必着。
http://www.khwarizmi.ir

★-------------------------------------------------------------------☆
日本学術会議では、Twitterを用いて情報を発信しております。
アカウントは、@scj_info です。
日本学術会議広報のTwitterのページはこちらから
http://twitter.com/scj_info
***********************************************************************
学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/index.html
***********************************************************************
=======================================================================
日本学術会議ニュースメールは転載は自由ですので、関係団体の学術誌等へ
の転載や関係団体の構成員への転送等をしていただき、より多くの方にお読み
いただけるようにお取り計らいください。
本メールは、配信専用のアドレスで配信されており返信できませんので、あ
らかじめご了承ください。本メールに関するお問い合わせは、下記のURLに連
絡先の記載がありますので、そちらからお願いいたします。
=======================================================================
発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34


ドキュメントアクション
雪氷学会への連絡は

事務局

住所:

〒162-0801
東京都新宿区山吹町358-5
アカデミーセンター
公益社団法人
日本雪氷学会事務局
担当 深津


電話番号:

音声:03-6824-9386
FAX:03-5227-8631


E-mail: jimu@seppyo.org


ホームページ担当者

E-mail: joho@seppyo.org


« 2019 年 5月 »
5月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031