現在位置: ホーム 支部賞

支部賞

支部賞について

関東・中部・西日本支部表彰制度について

趣旨

日本雪氷学会関東・中部・西日本支部は,若手研究者の活発な研究発表と学会参加を促し,さらに雪氷研究の教育・普及活動を奨励することで,支部の活性化と社会貢献を目的に,2016 年度に「関東・中部・西日本支部賞」を設立しました.

 

 

2017年度日本雪氷学会関東・中部・西日本支部賞候補者の推薦について(依頼)

(2017年12月25日)

 

日本雪氷学会関東・中部・西日本支部 会員各位

日本雪氷学会関東・中部・西日本支部

表彰選考委員会 委員長 飯田俊彰

 標記につきまして,下記のとおり2017年度日本雪氷学会関東・中部・西日本支部賞候補者を募集いたしますので,適当と思われる方をご推薦くださいますようお願い致します.

1.推薦を依頼する支部賞

(A)論文賞 

雪氷学における研究ならびに技術開発に寄与し,今後さらなる発展が見込める論文の主著者を顕彰する.2017年度および2016年度の「雪氷」,「Bulletin of Glaciological Research」,またはそれに準じる国際学術誌に論文を発表した,2018年3月31日時点で35才以下の支部会員に対してこの賞を贈る.

(B)活動賞 

 雪氷研究の教育・普及に顕著な貢献をした支部会員に対してこの賞を贈る.

2.候補者を推薦する会員は,下記の項目を記載した書類を委員会幹事へ提出する.なお推薦は自薦・他薦は問わないとする.

(1)論文賞,活動賞の区別.

(2)推薦者の氏名,所属,職名.

(3)受賞候補者の氏名(または団体名),所属,職名,学位.

(4)推薦理由書(○○○に関する研究,○○○の功績,などの標題を掲げ,500字ほどに纏めたもの).

(5)論文賞の候補者の推薦にあたっては,該当する論文,著書,またはその写しを添付する.

(6)活動賞の候補者の推薦にあたっては,著書,新聞記事の写しなど,その賞に値するもの,あるいは客観的評価を得たことを明白に示した文書等があればそれを添付する.

3.提出先

〒190-8518 東京都立川市緑町10-3

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所 国際北極環境研究センター 矢吹裕伯 気付

日本雪氷学会関東・中部・西日本支部表彰選考委員会幹事

E-mail:yabuki.hironori (アットマーク) nipr.ac.jp

4.締め切り 

2018年2月28日(水)(必着)

以上

→支部賞推薦依頼書ダウンロード はこちら

 

 

2016年度受賞者

論文賞

  • 島田利元 氏(宇宙航空研究開発機構)
  • ヌアスムグリ アリマス 氏(ゼノクロス航空宇宙システム)
 

活動賞

  • 荒木健太郎 氏 (気象研究所)
ドキュメントアクション
« 2018 年 1月 »
1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031