現在位置: ホーム 記事 news2019 JpGU2019: ミクロスケール気象の稠密観測・数値モデリングの新展開(A-AS06)

JpGU2019: ミクロスケール気象の稠密観測・数値モデリングの新展開(A-AS06)

雪氷のみなさま 気象研の荒木です. JpGU 2019(2019年5月26日~30日@幕張メッセ)において,以下のセッションを開催いたします. 降積雪や吹雪など,関連する話題を広く募集しております. ...


雪氷のみなさま

気象研の荒木です.
JpGU 2019(2019年5月26日~30日@幕張メッセ)において,以下のセッションを開催いたします.
降積雪や吹雪など,関連する話題を広く募集しております.
皆様からのご投稿をお待ちしております.

***************
セッション名:ミクロスケール気象の稠密観測・数値モデリングの新展開
セッションID:A-AS06
日時:5月26日(日)口頭発表:PM1・PM2,ポスター発表:AM2・PM3
発表方法:口頭およびポスターセッション
コンビーナー:伊藤純至,荒木健太郎,古本淳一,東邦昭

スコープ:
近年、サブキロメートルの気象観測や数値モデリングが急速に発達し、ミクロスケール大気現象の構造や実態が解明されつつある。突風や大雨などの極端現象も、局地的な収束やヒートアイランドといったマイクロスケールの現象との関連が議論されている。数値モデルの高精細化により、マイクロスケールの気象の再現や予測が可能になっている。本セッョンでは、稠密観測や数値モデルにより明らかになりつつあるミクロスケール現象の最新の研究成果や今後の研究方策について議論する。
http://www.jpgu.org/meeting_2019/SessionList_jp/detail/A-AS06.html

1月8日(火)       投稿受付開始
2月4日(月)23:59 予稿早期投稿締切
2月19日(火)17:00 予稿投稿締切
***************

大会の詳細は↓をご覧ください.
http://www.jpgu.org/meeting_2019/

以上,よろしくお願いいたします.

--
---------------------------------------------------------
Kentaro ARAKI Ph.D.
Researcher, Forecast Research Department,
Meteorological Research Institute, JMA
1-1 Nagamine, Tsukuba, Ibaraki 305-0052, JAPAN
Phone: +81-29-853-8647 (direct)
URL: http://www.mri-jma.go.jp/Dep/fo/fo3/araki/
E-mail: araki _at_ mri-jma.go.jp



雪氷学会への連絡は

事務局

住所:

〒162-0801
東京都新宿区山吹町358-5
アカデミーセンター
公益社団法人
日本雪氷学会事務局
担当 深津


電話番号:

音声:03-6824-9386
FAX:03-5227-8631


E-mail: jimu@seppyo.org


ホームページ担当者

E-mail: joho@seppyo.org


« 2019 年 5月 »
5月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031