現在位置: ホーム 記事 news2016 突発災害_ネパール地震の最終報告会のご案内

突発災害_ネパール地震の最終報告会のご案内

メーリングリストの皆様 (重複して受け取られる方はご了承ください) お世話になっております防災科研の山口です。 ネパールの地震に関する文科省の科研費(特別研究促進費) 「2015年ネパール地震と地震 ...


メーリングリストの皆様
(重複して受け取られる方はご了承ください)

お世話になっております防災科研の山口です。
ネパールの地震に関する文科省の科研費(特別研究促進費)
「2015年ネパール地震と地震災害に関する総合調査」
の最終報告会が下記の日程で開催されます。

ご興味のある方はぜひご参加ください。

***************************************

文部科学省科研費(特別研究促進費)「2015年ネパール地震と地震災害に関する
総合調査」最終報告会

 2015年4月25日にネパールのゴルカ地域を震源とするマグニチュード7.8の地震
が発生し、1万人近い犠牲者が出るなど甚大な被害がもたらされました。この地
震の総合的な調査のために、文部科学省科学研究費補助金(特別研究促進費)の
助成を受けて、「2015年ネパール地震と地震災害に関する総合調査」を実施して
きています。調査分野は、「土砂災害」、「雪崩災害」、「地震・強震動」、
「活断層・変動地形学」、「災害対応における国際協力、文化財保全及び社会的
影響」の5分野です。
本報告会では、各分野の調査内容に関して研究機関内の最終まとめという形で発
表いたします。多数の方に参加頂けますようご案内申し上げます。



主 催 文部科学省科研費「2015年ネパール地震と地震災害に関する総合調査」
研究班

日 時 2016年3月7日(月), 13:05〜17:00

場 所 東京大学本郷キャンパス・情報学環・福武ホール

参加申込み 事前登録必要なし(参加自由です、ただし受付で参加カードに記載
してもらいます)

参加費   無料

「プログラム」

13:05〜13:10 調査方針と活動概要の説明 (研究代表:矢田部龍一)

13:10〜13:35 基調講演 「2015ネパール・ゴルカ地震の被害概要とネパール政
府の復興への取り組み」
      ネトラ・プラカッシュ・バンダリ(愛媛大学大学院理工学研究科)

13:35〜17:00 5部門からの研究報告  (持ち時間17分, 12分発表, 5分質疑)

1.2015年ネパール・ゴルカ地震震源域のミッドランドではなぜ斜面崩壊が少な
かったのか?
長谷川修一(香川大学工学部), 野々村敦子(香川大学工学部),
Ranjan Kumar Dahal(Tribhuvan Univ.)

2.2015ネパール・ゴルカ地震による道路沿いの斜面災害の特徴
    矢田部龍一(愛媛大学大学院理工学研究科),
ネトラ・プラカッシュ・バンダリ(愛媛大学大学院理工学研究科)

3.2015年ネパール・ゴルカ地震の稠密アレイによる余震観測
   佐藤比呂志(東京大学地震研究所)), 蔵下英司(東京大学地震研究
所)), 酒井慎一(東京大学地震研究所)), 平田 直(東京大学地震研究所)),
八木浩司(山形大学), Ananta Prasad Gajurel(トリブバン大学), Danda
Pani Adhikari(トリブバン大学), Krishna Subedi(ネパール科学技術院),
Bishal Nath Upreti(ネパール科学技術院)

4.ゴルカ地震系列のカトマンズ盆地の強震記録
高井伸雄(北海道大学), 重藤迪子(北海道大学), 他
5.2015年ネパール・ゴルカ地震の震源地域の活断層調査
熊原康博(広島大学大学院教育学研究科), Deepak Chamlagain (Tribhuvan
University), Ishiyama Tetsuya (Tokyo University), Daisuke Hirouchi
(Shinshu University), Nobuhisa Matta (Okayama University), Bishal Nath
Upreti (Nepal Academy of Science and Technology

6.2015ネパール・ゴルカ地震によるランタン谷の雪・土砂なだれ調査
山口 悟(防災科学技術研究所), 西村浩一(名古屋大学), 藤田耕史(名古屋
大学), 和泉薫(新潟大学), 河島克久(新潟大学), 伊藤陽一(防災科学技術
研究所), 上石 勲(防災科学技術研究所)

7.2015年ネパール・ゴルカ地震による都市景観の変容予測
竹内 泰(東北工業大学工学部建築学科)

8.2015年ネパール地震における国際医療支援の実態
    高田洋介(人と防災未来センター)

9.2015年ネパール・ゴルカ地震における人的被害の分布と影響要因
村上ひとみ(山口大学), 安藤尚一(政策研究大学院大学)

10.ネパール地震被災地の災害対応に学ぶ防災の可能性
渥美公秀(大阪大学), 研究協力者:河村信治(八戸高専), 稲場圭信(大阪大
学), 乾陽亮(大阪大学)

11.2015ネパール・ゴルカ地震における伝統的中庭空間の避難時の利用実態
ー世界遺産カトマンズ・パタン地区を対象としてー
大窪健之(立命館大学・歴史都市防災研究所),サキャ・ラタ(東京大学),
金 度源(立命館大学),高杉三四郎(立命館大学)

12.ネパール地震の社会的影響―社会再編かコミュニタス的高揚か
南 真木人(国立民族学博物館)

17:00    閉会





--
*********************************************************************

Satoru YAMAGUCHI
Snow and Ice Research Center
National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention

Address: Suyoshi-machi Nagaoka-shi Niigata-Ken 940-0821, Japan
Tel : +81-258-35-8933
Fax : +81-258-35-0020
E-mail:yamasan _at_ bosai.go.jp

********************************************************************


雪氷学会への連絡は

事務局

住所:

〒162-0801
東京都新宿区山吹町358-5
アカデミーセンター
公益社団法人
日本雪氷学会事務局
担当 深津


電話番号:

音声:03-6824-9386
FAX:03-5227-8631


E-mail: jimu@seppyo.org


ホームページ担当者

E-mail: joho@seppyo.org


« 2019 年 5月 »
5月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031